• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛対象の基準というものは、実際の恋愛に合わせて千変万化していきます。じっくり考察していきましょう。
2014.11.14

理想の変化を受け入れることの意義

写真恋愛をするうえで、誰しもその対象の基準というものをもっているはずです。
どんな容姿で、どんな性格で、将来を見据えた恋愛ならば、経済的な条件もその基準となってくるはずです。
しかし、よくよく考えてみると、人はどうしてそのような基準を考えてしまうのでしょう。
恋をする前にはあれこれと条件を考えていたのに、いったん恋をしてしまうと、それまで考えていた条件など忘れてしまうことも多々あります。
そして結局は、好きだからたいていのことは許せてしまう、あるいは、好きな人の現状に合わせて、恋愛対象の基準というものが変化していきます。

出会い以前の条件と、出会い以後の条件との差が大きくなることも多く、これでは恋愛対象の基準など無きに等しいものになってしまいます。

そもそも恋愛をしたいと思う瞬間というのは、いったいどんなときでしょう。
思春期を迎えて、友人が恋をした、という話を聞いたとき、恋愛ドラマを見たとき、新しい出会いに言い表せないほどの感情の動きを感じたとき…。
そのようなことをきっかけにして、人は恋を意識するようになり、そこから、恋愛に対する基準のようなものを求めはじめます。
そして、この基準というものも、誰かからの借り物であることも多く、多くの場合、初めての恋というものは、既成の恋を模倣するところからはじまります。

恋愛対象の基準を持つ、ということは恋に対する幻想のはじまりでもあり、ときにはそれがよりよい相手との出会いを促すこともあれば、その幻想が障害となって恋に悩んでしまうこともあります。
つまり、基準を持つということは、いいこともあれば、そうでないこともある、ということになります。

しかし、恋愛対象の基準を持つことの大きな利点のひとつに、第二、第三の恋愛を求める意欲がわいてくる、ということもあります。
理想の相手を夢想しているうちに、心はいつのまにか次の恋愛に対する準備をはじめ、ひとつの出会いに対して、より積極的に関わっていくことができるようになるのです。
その恋が成功するかどうかはともかくとして、恋愛に関わっていかないことにはなんの結果も得られません。
その行動を生むきっかけとして、恋愛に対する理想も利用されていくのです。

ただ、前述したように、恋愛対象の基準というものは、実際の恋愛に合わせて千変万化していきます。
これこそ恋の力と呼べるのでしょうが、そのような変化に対して自分がどのように向き合っていくのかも重要で、変化を受け入れることは相手を素直に受け入れることでもあり、将来を考えた恋愛をしたいと思うならば、そのような姿勢も必要になってくることでしょう。
変化に逆らうということはいつまでも自分の理想に固執し、相手を受け入れないことでもあります。

肝心なのは、恋愛というのは人が二人以上いてはじめて成り立つものであるということです。
そこには必ず妥協すべき点が生まれますし、そのことを受け入れる勇気を持つことで、相手とのあいだにより良い関係を築いていくことが可能になるのです。