• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛対象の基準というものは、実際の恋愛に合わせて千変万化していきます。じっくり考察していきましょう。
2014.11.14

いずれは必要になる、二人の恋のマニュアル

写真皆さんはどんな人と恋がしたいでしょうか。
誰でも理想的な出会いや、相手の性格に対する条件、二人で行ってみたいデートスポットなどいろいろなことを考えたことがあることでしょう。

恋愛対象の基準というものはひとそれぞれ違います。
お金をかけた贅沢な付き合いが好きな人もいれば、質素であっても心に響くような出会いを求める人もいます。
毎日とにかく一緒にいたいという人もいれば、自分の時間を大切にしながら付き合っていきたい、という人もいます。

こういった恋愛対象の基準というものは、いったいどんなところから違いが出てくるのでしょう。
恋は熱病ともいいますが、逆に熱が冷めていくような恋を好む人もたしかに存在します。
人が恋愛をするとき、その人の性格や過去といったものは、どのようにして関係してくるのでしょうか。

まず、恋愛をする以前に、恋愛に対してどんな憧れを持っているかを考えることは重要です。
憧れはそのまま恋愛対象の基準ともなりえますので、憧れが大きければ大きいほど、多ければ多いほど、恋愛対象の基準も複雑になっていきます。
出会いの仕方やデート内容など、一過性の要素に対してまで強いこだわりや要求を持つ人というのは、逆に言えば、そのような出来事を通じなければ恋愛感情が形成されにくく、ある意味で異性に惚れにくいタイプと言えるでしょう。

そのような人たちにとって自分の憧れを解決していくことも恋愛における重要な要素のひとつであり、そこが満たされなければ恋も立ち行かなくなってしまうのです。
ですから、このような異性と付き合うことになった場合は、相手の要求を正確に把握し、ひとつひとつ、その願いを叶えていかなければなりません。
そしていつしか相手の願いを叶えることが自分の幸せと感じられるようになったならば、おそらく、その理想とするゴールにたどり着くことができるのではないでしょうか。

一方、恋に対してあまり条件を持たない人たちも存在します。
このような人たちは、自分の生活のペースを崩さないように恋愛をしたいという人たちで、恋人という存在を生活をともにしていくパートナーとして考える傾向があります。

絵に画いたような出会いや世間でいうところのロマンチックなデートをすることよりも、まずは互いの生活をスムーズに重ね合わせることのほうが重要で、足りないところを補完し合い、そうでないところを共有するというスタイルに徹します。
必要以上の干渉は避け、相手のプライベートにも、よほどのことがなければ踏み込みません。
ただ、恋愛というものは感情ありきのものですから、不安や嫉妬も当たり前のように起こります。
いくら互いの生活が大切といっても、いつまでもドライに付き合えるほど、恋愛というものはやさしくありません。
ですから、そのような場面も想定したうえで、やはり付き合うための基準というものを互いに話し合って決めておくことも必要になってくることでしょう。

付き合い以前に恋愛対象に対してその基準を設定するかどうかは、どんな恋愛に関しても必要になってくるようです。
恋はときにびっくりするくらい現実的な迫力を持って迫ってきます。
そんなときに対処するためのマニュアルは、あって損はしないでしょう。