• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛対象の基準というものは、実際の恋愛に合わせて千変万化していきます。じっくり考察していきましょう。
2014.11.14

将来を考えるということ

写真恋愛をするうえで、誰でも自分なりの基準というものをもっているはずです。
恋をする相手を選ぶための基準もあれば、付き合い方そのものに対する基準もあります。
実際の恋愛のなかで、それらの基準が活かされるかどうかは曖昧なところです。
誰でも、本当に好きになった人との出会いにおいては、理屈的なことはなにも考えられなくなってしまうからです。

こうした、基準を打ち破ってしまうような恋との出会いは、ときに人を不安にもします。
それまではこうしたい、ああしたい、と主体的に考えていた付き合いが、すべて、こうなってしまう、ああなってしまう、という受動的なものに変わってしまうからです。
受動的な付き合いというものが長続きすると、どうしても不安になってしまうことは仕方のないことなのです。

となると、そこからどうすればいいのか、ということになるのですが、その場合、自分のなかに新たな基準をつくっていくしかありません。
出会いのころの興奮が落ち着いてきて、自分のそれまでの行動を見つめなおすことができるようになったとき、あらためて、「自分はこの人とこんなふうに付き合いたい」ということを考えてみるのです。
そうでなければ、二人の関係のより確かな将来を考えたときに、冷静でいられなくなってしまうからです。

将来を考えるとき、というのは、恋をする二人の人間が持つそれぞれの基準というものを完璧に重ね合わせることでもあります。
理想的な生活、理想的な関係、理想的なお会計などなど、これらの要素をしっかりと話し合って、妥協点を見つけてやっていかなければなりません。
そのためには冷静に話し合うだけの心の余裕が必要であり、十分な時間が必要です。
逆に言えば、そのような余裕がなければ、将来を考えるには時期尚早である、ということでもあります。

今は、昔のように親が決めた相手と否応無しに付き合わなければならない、という時代ではありません。
出会いにしろ、付き合い方にしろ、その大部分は自分でさがし、自分で決断するような時代です。
恋がうまくいっても、失敗したとしても、それは自己責任、他人のせいにすることはできないのです。
ですから、自分のなかにしっかりとした恋愛の基準というものをもち、感情に流されてしまわないようにしなければなりません。

そのために、友人たちの恋愛を参考にするのもいいでしょう、より現実的なものを知っている親の世代に相談してみるのもいいでしょう。
恋愛のスタイルというものにもトレンドというものがあります。
しかし、それはあくまでトレンドであって、そのようなスタイルが自分に合うかどうかは、また別の問題だからです。
テレビでみたオシャレなヘアスタイルが、誰にでも似合うわけではないのと同じです。
ヘアスタイルは、その人の頭の形や髪質、性格などを総合して決められるべきもので、ただ流行を追えばいいというものでもないでのです。

恋をすると、一瞬自分を見失います。
それは誰にでもあることで、悪いことではありません。
むしろそこまでいってこそ、恋と呼べるのですが、そこからさらに一歩進んだ恋に発展させたいと思ったときには、自分なりのしっかりとした考えというものが必要になってくるのです。