• 連載数:全5回
  • 紹介文:あなたは忘れてはいませんか?付き合う前の努力は大事、付き合った後の努力はもっと大事。
2014.12.03

長い付き合いでも言葉で伝える

写真晴れて好きな人と付き合えて、最初のうちはもっと好きになってもらえるように努力することでしょう。
しかし、年月を重ねるにつれて、どうしても努力を怠ってしまうことがあります。
近くにいられることが当たり前のような感覚に陥ることもあるかもしれません。
しかし、より素敵なパートナーとして隣にいるために、忘れてはいけないこととして挙げられるのが、会話をこまめに交わすことです。

長く傍にいると、「このぐらいは言葉にして伝えなくてもわかっていてくれているだろう…」と思い込みをしてしまうことがあります。
しかし実際には相手は気付いておらず、喧嘩のきっかけとなることが多くあります。
喧嘩は今までの築いてきた関係を一気に破壊してしまう可能性があるため、できれば避けたい出来事です。
その喧嘩を回避するために、常に自分の考えを言葉にして相手に伝える必要があります。
些細なことでも構いませんので、思ったことを発言してみましょう。

例えば、ハサミは使い終わったら机の上のケースにしまってほしい、という日常的なことです。
今考えると、「そんなこと?」と思うかもしれませんが、ハサミが使ったまま様々なところに放置されていては次に使おうとする人が困ります。
この不満が蓄積されていけば、結果として喧嘩を生み出してしまうのです。

こんな小さなことで、今までの思い出を台無しにしてしまっては、勿体なくありませんか。
人が出会い、お互いを好きになってそれを伝えて付き合えるということは、とても偶然であり奇跡に近いように感じます。
短い人生の中で長い時間を共にする人との出会いは、大切にしたいからこそ、どれだけの年月を重ねても、考えや思いを言葉にして伝えることは必要なのです。

また、人間関係を円滑にするために武器となるのが、挨拶です。
友人や家族・パートナーなどどんな人に対しても、挨拶は人との結びつきを強くするアイテムです。
寝起きはまだ眠たくてボーっとしていることが多いかと思いますが、そんな時こそ明るく笑顔で「おはよう」と言ってあげると、自分も相手も心地よい1日を過ごせそうですね。