• 連載数:全5回
  • 紹介文:あなたは忘れてはいませんか?付き合う前の努力は大事、付き合った後の努力はもっと大事。
2014.12.03

常に尊敬し合える関係に

写真出会いから長く経つと、相手が自分のためにしてくれた行動などにお礼を伝えるのを忘れたり適当になってしまうことがあります。
また、これぐらい手伝ってもらって当然だと勘違いしてしまう危険もあります。
しかし、出会いから付き合い始めのことを思い出してください。
何かをしてもらうにも嬉しくて、自然とお礼を伝えていませんでしたか。
例えば、掃除を手伝ってくれたり自動車で迎えにきてくれたなど、今までの生活とはちょっと違った嬉しい気遣いがあったことでしょう。
このときの気持ちを思い出して、改めて感謝を言葉で伝えてみませんか。

お礼を素直に言えるということは、相手を尊重し大切に思っているということです。
人間は何歳になっても学び続ける生き物ですし、学ぶということは指導してくれる人がいることです。
先生となる人は尊敬しますし、憧れを持つこともあるでしょう。
もしかしかたら、そこから新しい出会いが見つかるかもしれません。
交際が長くなると、こういった相手を思いやる・尊敬する気持ちが薄くなりがちなので、相手の良いところや真似したいところをもう一度考えてみましょう。

しかし、相手に尊敬されるためには、自分自身にも研鑚が必要です。
今までと同じ自分ではいずれは飽きられてしまいます。
多忙により学習する時間が取れないという人は多いでしょうが、勉強だけが尊敬してもらえることではありません。
細かな気遣いができたり地味なことでも弱音を言わずにコツコツと進める人は、自然と尊敬されますしその場で重宝されることでしょう。

自分が信じた道を、誰かが嫉妬して嫌味を言ってきたとしても、筋の通った行動や言動は、いずれあなたの評価につながるはずです。
成功すれば光を浴びることができますし、あなたに憧れた異性は恋愛感情を持つこともあります。
あなたの頑張りに刺激されたパートナーがまた努力することによって、あなたもさらに頑張ろうという意識を持つことができます。
人との付き合いは、自分を成長させてくれる糧となります。