• 連載数:全5回
  • 紹介文:心地の良い関係を異性と築く為にはどのようなことをすればよいのか、どのようなことを心掛ければよいのか。
2014.12.17

異性との価値観

写真恋人を選ぶ際に、男性は母親に、女性は父親に似ている異性を選ぶというような事を良く耳にします。
それは、自分が育った家庭環境の居心地の良さを同じように恋人にも自然と求めているという事です。
考えてみれば当然のようにも思えます。
産まれてから育つ環境はその人にとっては、全てがあって当たり前の日常のはずですから、その日常を守り続けて行く事が自分の幸せだと感じるのが普通です。
成長していく上で、外部からの様々な刺激を受け、新しい事に挑戦する喜びを知って行くわけですから、恋人と過ごすならば、同じ価値観で新しいものを同じように吸収して行く事に幸せを感じるのも無理はありません。
つまり、異性と出会い、恋人になるかどうかを決めるには、共通する価値観を持っている人でなければ、その相手との付き合いにいずれ無理が生じ始める危険性を伴っているという事です。
全く同じ価値観の異性と出会うのは大変難しい事にも思えますし、一度恋心を抱いてしまった場合、価値観の違いなどその時は、大した違いなどと感じないのも普通の事かもしれません。
相手に合わせる事も、自分に合わせてもらう事も、ある程度は恋心があれば問題にはならないのも事実です。
ですが、それはお互いに歩み寄る気持ちがあるからこそ問題にならないだけであって、どちらか片方だけが相手に合わせようとするのでは、限界が来るのは目に見えています。
相手に100%合わせれば、もしかしたら相手の方は完璧な恋人との出会いだと感じているかもしれませんが、合わせる側としては、果たしてそれが良い出会いだったのかどうか疑問に思ってしまいそうです。
無理なく気兼ねなく相手に歩み寄る事が出来る、相手も無理なく歩み寄ってくれる、そんな関係が理想です。
その為には恋人になる前に価値観を知る事が重要です。
日頃の生活を自然体で過ごしているのであれば、その価値観の人と出会っている筈です。
その自然体こそが、恋人との居心地の良い生活を作り上げるのです。