• 連載数:全5回
  • 紹介文:心地の良い関係を異性と築く為にはどのようなことをすればよいのか、どのようなことを心掛ければよいのか。
2014.12.17

相手の為に自分から動く

写真男性と女性が恋人になるには、自分にとって相手が合っていると感じる事だけでなく、相手にとっても自分が合っているのだと思える事が大切です。
恋愛感情を異性に抱くには様々な要因が挙げられますが、相手の事を考えた時に、自分が合っていると思える異性との出会いがあれば、それは相手にとってもとても素敵な事です。
ではどのような場合、相手にとっても自分が恋人として適していると感じる事が出来るでしょうか。
相手の素敵な笑顔を見た時や楽しそうにしている所を見た時は、一緒にいて幸せだと思えるはずです。
反対に、相手が悲しそうにしている時や怒っている時は二人の間にどうしても居心地の悪さを感じてしまいます。
そんな時にこそ、相手の事を考えるチャンスです。
自分の気持ちを伝える事も大切ですが、そればかりが前に出過ぎて、相手に自分の気持ちを押し付けてしまっては、居心地の悪さは消えてくれません。
そんな時こそ相手の目線で物事を捉え、同じように感じ、相手の為を思ってどんな事が自分に出来るのかを考えてみませんか。
その行動によって、恋人の笑顔や楽しそうな様子を取り戻す事が出来れば、自分にとっても気持ちのいい体験になります。
その事でまた恋人としての絆も深くなり、二人の仲もより良くなるのでしょう。
自分ばかりでも恋人ばかりでも、偏ってしまっては二人の仲も偏ってしまいます。
雰囲気の悪さが出てしまった時こそ、自分から相手の立場になれるように心がけておきたいです。
そのような事が出来ていれば、逆に自分が落ち込んでいる時には、恋人が自分の立場になって力を貸してくれます。
その時に本当の恋人の素晴らしさを知るかもしれません。
二人にとっても素敵な出会いだったと感じる事も出来ます。
お互いが、お互いの役に立てている事に気付くからです。
それは、相手がしてくれているからするのではなく、まずは自分から、と、お互いに思っているから出来る事です。
求めるばかりでは何も手に入らないはずです。
恋人との居心地の良さは、二人で作っていきたいものです。