• 連載数:全5回
  • 紹介文:デートで相手を楽しませる方法はどのようなものが効果的なのでしょうか?一つずつ見ていきましょう。
2014.12.25

シャイな人とのデート

写真例えば合コンや紹介で相手と出会い、初めてのデートをすることになったとしましょう。
相手がどんな人かまだ分からない状態で、デートの計画を立てるのはとても難しいですね。
どんなデートがいいのかあなたは悩みに悩むことでしょう。
そこで一番のヒントになるのは、出会いの場での様子です。
相手はそのときどんな様子でしたか?ムードメーカータイプだったらアクティブな人かもしれませんね。
隅で大人しくしてるタイプならきっとインドアでしょう。
そういう風に、初めの印象を分析しましょう。

もし友達の紹介で、まだ会ったことがないという場合は、友達に聞くのが一番良い方法です。
何よりも友達として相手のことを良く知っている人にどんな人か聞くことは一番説得力がありますし、間違いがないでしょう。

そしてそこで、相手がシャイな人だとわかったとしましょう。
シャイな人はあまり自分のことを表に出しませんから、本当はインドアなのか、はたまた実はアクティブな事が好きな人なのか、判断するのが非常に難しいです。
そんなときはまず無難なデートを選ぶほうが良いでしょう。
例えば映画。
べたなデートの例として映画を観てごはんを食べるというデート例はよく聞くものですが、これは理に適っているものなのです。
映画はまずシャイな人にはうってつけのものです。

画面を一緒に眺めているだけなので、相手と向き合わなくてもすむのです。
ドキドキしながらも相手と一緒にいる、デートしているという気分も味わえます。
そしてそのあとに、食事をしながらデートの感想など述べ合います。
これもシャイの人にとっては、映画の話をしていたら無難に時間が過ぎていくのでうってつけと言えるでしょう。
本当は食事の席で個人的な話をして相手をもっと知るというほうが有意義で濃い時間になるのですが、シャイな人にとっては、まず相手とお話をするということが大切です。

こういう場合進展は遅いかもしれませんが何度も何度も繰り返すことで着実に進展していけますのであまり心配しなくても良いでしょう。
ようは、相手のペースに合わせるやさしさがあるかどうかです。
相手がシャイなタイプだと分かれば、あまり先を急かさずに、相手のペースに合わせてのんびりといくのもいいではありませんか。
ごはんに行く回数に比例して相手の情報を得ることができればデートの幅も広がっていくことでしょう。