• 連載数:全5回
  • 紹介文:デートで相手を楽しませる方法はどのようなものが効果的なのでしょうか?一つずつ見ていきましょう。
2014.12.25

デートで相手を楽しませるために

写真まずケチはいけません。
何をするにもお金を考えてしまっている人は、もしかしたら相手に不愉快な思いをさせているかもしれません。
もしお金がなくて仕方がないという人も、あまり気張った店でなくても普通のファミリレストランでもよいので見栄を張りましょう。
とくに出会いからそれほど時間が経っていないならなおさらです、もちろん、長年連れ添った二人ならばケチでもなんでも問題ではないのです。
出会いから1年未満の二人だから問題なのです。
初めはやはり見栄を張ることは大切です。

もちろん自分の手持ちを大幅に超えるようなものや、借金してまで奢ることはいけません。
あくまでも自分のできる範囲ではありますが、たとえば相手が食べたいものに関してお金がないから自分で買ってといってしまうと、少し寂しい気持ちにさせてしまうでしょう。
次に言いたいことは一緒に買い物をすることです。
これは好き嫌いがあるのでおススメはできません。
一緒にショッピングをしたい人、自分ひとりでじっくりと見たい人、これは二パターンに分かれることでしょう。

しかし相手が服を見たいと言って断れる人は多くはありません。
たいてい相手に付き合って好きでもないのにショッピングをしていることがあります。
しかし好きでもないことなので、その人は早く帰りたいと思っているのです。
こんな気持ちでデートしていても楽しくはありませんよね。
しかし傍目には嫌な顔をしないので本当の気持ちはわかりません。
ですから初めからショッピングという選択肢を選ばないことが賢いのです。

3つ目に言いたいことは、リサーチしすぎないことです。
相手と出会い初めてのデートだと張り切ってしまい、デートをスムーズに運びすぎるとよくありません。
相手はあなたが手馴れてると感じます。
そうすると、自分以外にもきっと同じように接していると思われかねません。
そうするとせっかく頑張ってリサーチしても水の泡です。
もちろんリサーチはしたほうが良いですが、さりげない自然な流れで出すようにしましょう。

このようにデートにはいろんなNGがあります。
それも人それぞれ違っている厄介なものです。
ある人にはNGでもある人にはとても喜ばれることも考えられます。
何事も相手をよく知ることが一番重要なことなのですね。