• 連載数:全5回
  • 紹介文:理想の恋人を思い浮かべることは出来ますか?今付き合っている人が理想の恋人!である方もそうでない方も必読。
2015.01.09

記念日の過ごし方

写真記念日というものは恋人同士であれば何かしらあるものです。
二人の出会いの日、付き合い始めた日、初めてキスをした日、言い出せばキリが無いほど二人にしか意味のない記念日というものが存在するようです。
どちらかといえば、こういった記念日を大切にしているのは女性の方なのかもしれません。

一般的に記念日をよく覚えているのは女性だといわれていますが、記念日というのは二人が祝う気持ちがあってこそのものですので、男性が覚えていないと腹が立ったりショックだったりして、ついついケンカをしてしまうということもあるようです。
やはり、二人だけの記念日だからこそ覚えておいてほしいと思うのでしょう。

1年間にいくつもの記念日を作ってしまうと男性はなかなか覚えていられないようですので、女性はそのあたりも考えて記念日を作らなければいけないのかもしれません。
若い世代に多いようですが、付き合い始めた日にちを記念日として毎月「○ヶ月記念」といったようにお祝いをする恋人同士もいるようです。

この記念日に二人が納得していればいいのですが、仮にずいぶん年上の男性と付き合っていた場合は「ついつい忘れてしまう」ということも多々あります。
年を重ねると月日が過ぎるのが早く感じるとよく言いますが、1ヶ月という月日はとても短く「気付いたら記念日を過ぎていた」なんてこともあるかもしれませんよね。

二人の出会いをお祝いする気持ちはとても大切なことですし、覚えていてくれたら嬉しいものです。
ですが、どちらかが忘れてしまうような記念日なら意味がありません。
「自分の周りの恋人同士がお祝いしているから」「一年にたくさん記念日があると嬉しいから」といったような理由で記念日を作るのではなく、「相手がどう考えているか」というところが一番大切です。
ひとりよがりの記念日ならお祝いしない方がいいですよね。
恋人の性格や考え方をしっかり理解し、お互いが楽しくお祝いできる記念日であるように努めると良さそうです。