• 連載数:全5回
  • 紹介文:理想の恋人を思い浮かべることは出来ますか?今付き合っている人が理想の恋人!である方もそうでない方も必読。
2015.01.09

ネガティブ思考を制御する

写真恋人同士にはたくさんの楽しいこともあれば、たくさん不安を感じることもあります。
お互いを大切に想う気持ちや大好きだという気持ちがあるからこそ楽しくて、大好きだからこそ不安になるものです。
これはとても自然なことで、ドキドキしたり笑ったり泣いたり怒ったり、たくさんの感情を出すことができる相手との出会いに感謝するものです。

ですが、その好きという感情が強くなればなるほど、比例して不安も大きくなってしまい、深く考えなくても良いことで真剣に悩んだり、相手を信じることが出来なくなってしまったりと悪循環に陥ってしまいます。
そうなってしまうと、自分だけがイライラしてついつい恋人に八つ当たりをしてしまったり、何でもないことで恋人を責めたりしてケンカが増えてしまいます。
その結果、恋人との関係がギクシャクしてしまったり、溝が出来たりと別れへの一途を進むことになってしまうこともあるようです。

その悪循環に陥る要因が「ネガティブ思考」なのかもしれません。
本来なら考えなくても良いことで悩んでしまうのは、ついつい悪い方向に物事を考えてしまうからであって、ポジティブに考えることが出来ていたならきっと悩まなくても済んでいたことですよね。
自分自身の考え方がネガティブ思考である限り、なかなか恋愛が長続きしないかもしれません。
いつもいつも恋人の不安を解消しなければいけないとなると、相手も疲れてしまって当然です。

「何でそういう考え方になるの?」と呆れられる可能性もありますし、自分のことを信用してくれない恋人に愛想を尽かしてしまうかもしれません。
いつもネガティブで信用してくれない恋人では一緒にいても楽しくありません。
一緒にいて楽しいと思える人との出会いがあれば、さっさと乗り換えられてしまう可能性も高くなってしまいます。

そんなことにならないためにも、ネガティブな考え方はできるだけしないように努力してみてください。
考え方をすぐに変えることは難しいので、まずは恋人に対しての言動に気をつけてみてくださいね。