• 連載数:全5回
  • 紹介文:理想の恋人を思い浮かべることは出来ますか?今付き合っている人が理想の恋人!である方もそうでない方も必読。
2015.01.09

相手を想う気遣い

写真恋人同士というものは、お互いを大切に想い、お互いが相手の気持ちに寄り添うということがとても大切です。
それができない恋人同士は長続きしません。
どちらか一方がわがままで自己中心的であれば、相手は疲れてしまいますよね。
自分のことばかり考えている恋人なんていらないと思うものです。

どれだけ素敵な出会い方をしたとしても、その後の関わり方次第で気持ちなんてすぐに変わってしまいます。
「こんな人だと思わなかった」という気持ちになってしまうと、そこから気持ちを戻すことはなかなか難しいものです。
まだ年齢が若ければ、すぐに別れを選択して次の出会いに気持ちを切り替える人も少なくはありません。
結婚を考えていない年齢だとしがみつく理由もないので、女性は特にあっさり別れられるようです。

せっかく好きになった人を嫌いになるのはとても寂しいことですし、できることなら長続きさせたいと思って付き合っているはずです。
そのためにはやはり、相手を気遣うということはとても大切なことなのではないでしょうか。
これは男女の関係だけでなく、友人同士でも言えることですよね。
それだけ人と人との繋がりには必要な要素だということです。

「大丈夫?」という言葉で心配をすることだけが相手への気遣いではありません。
もちろん体調が悪いときには心配をしたり、仕事で疲れていそうであれば「疲れてる?大丈夫?」という気遣いは必要です。
ですがそういった心配する気持ちでの気遣いだけではなく、「ありがとう」という感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えたり、嬉しいことがあったときには一緒に喜んだりといったような、相手の気持ちに寄り添っていく気遣いができれば、恋人は一緒にいるだけで居心地の良い場所だと感じるようになります。

一緒にいて居心地が良いのであれば、「もっと一緒にいたい」「ずっと一緒にいたい」という感情になるものです。
恋人が自分に対してそういう気持ちになってくれると嬉しいですよね。
自分ばかりが気遣っていると思ってしまうかもしれませんが、自分がそうすることで自然と相手も同じように気遣いをしてくれるものですので、まずは自分から努力してみましょう。