• 連載数:全5回
  • 紹介文:交際をする過程で段々とわかってくるのが生活習慣の違い。果たして、二人の関係にどのように影響するのか。
2015.01.23

職業上の生活習慣を考慮した付き合い

写真社会人になってからの出会いは、必然的に色々な職業の人と巡り合うことが考えられます。
その職業によって、生活習慣もかなり変わってきますから、恋愛をする際には相手の職業、そして職業による生活習慣の違いについても意識しておかなければならないでしょう。

一般的なサラリーマンであれば、朝出勤して夜帰るスタイルが基本ですが、例えば夜勤のある看護師さんだと夕方に出勤して昼間帰るという真逆の生活スタイルを送る人もかなりいるものです。
もし自分がサラリーマンで、相手の人が夜勤のある仕事であったり、その逆であったりすると、二人の生活習慣は食い違ってしまうことになります。

この生活習慣の食い違いについて、お互いが納得した上で付き合うのならば良いのですが、それを納得できないままに交際を継続してしまうと、どちらかの不満が爆発してしまいますので、お互いの職業についての深い理解と、職業からくる生活習慣の違いを配慮した付き合い方が求められるでしょう。

職業による生活習慣の違いを配慮した付き合いは、それほど難しいものではありません。
相手が仕事をしているだろう時間帯には連絡を取らないようにしたり、逆に仕事が終わった頃に「お疲れ様」のメールを入れたりするなど本当に簡単なことでいいのです。

そうすれば、お互いに仕事のことを理解し合える関係になりますので、生活習慣の違いによる穴を二人の思いやりだけで埋めることができるでしょう。
また、そのような気遣いをお互いに行うようにすれば、絆や愛情もより深まっていきます。

できることならば、自分と同じようなサイクルの生活を送る人と出会いたいものですが、恋愛は縁によって結ばれる要素が大きい部分もありますから、そう計算通りに上手くいくものではありません。
ですから、そのような点を踏まえた上で、自分と交際する相手の職業による生活習慣の違いをしっかりと意識しておき、それを考慮した円満な交際を送って頂けたらと思います。