• 連載数:全5回
  • 紹介文:お付き合いの延長線上に結婚が見えて来るような相手とは?もしそんな相手に出会えたら?自分の行動は大丈夫?
2015.02.06

懐の広さはほどほどに

写真出会いから直ぐに、これからの長い将来について話をしておこう、その将来の備えについて考えておこうという人はあまりいないのではないでしょうか。
出会いからしばらくの間は、二人で過ごすことやその関係を深めてゆくことが楽しく、相手のことをどれだけ好ましく思っていても、あまり将来については考えないものなのかもしれません。
むしろ、それが普通であり、交際が始まる前から、いつかという時に備えて貯蓄を始めている、保険などについても考えているという人の方が稀と言った方がいいかもしれません。

更に、出会いからしばらくの間は、予想のつかない将来について考えたりそのためにお金を投資したりするよりも、デートにお金をかけたいという人も多いのではないでしょうか。
交際の初めというものは、何かと物入りだと感じている人も多いことでしょう。
何故なら、できるだけ相手に好ましいと思って欲しい、より親密な関係になりたいという気持ちから、清潔感のある装いを心がけようとしたり、相手の気を惹くために食事に誘ったりプレゼントを購入しようと考えることが多いからです。

それは、とても自然なことですし、実際、それがどういった形であれ向けられる好意を感じることは、関係を深めることにひと役買ってくれますし、相手との距離を縮めたり親密さも増すためにもひと役買ってくれることでしょう。
こうした時期にしっかりと自覚しておかなければならないのは、好意は値段の大きさで量るべきではないということで、これは、与える方も与えられる方もちゃんと理解しておくべき事柄なのです。

人には、それぞれのお財布事情というものがあります。
ですから、相手のことが大好きで、より楽しい、嬉しい気持ちを味わってもらいたいからといって、プレゼントや食事に身の丈に合わないお金をかけることはしない方がいいでしょう。
もちろん、相手のために何かをすることも、プレゼントを考えることも決して悪いことではありません。
ですが、相手と自分の財布の大きさの違いや負担を考えることや、来るべき将来のために、お金の使い方を考えておくことも大切なことなのです。

特に、この交際を長く続けたい、この相手と交際することができて良かったと感じている人は、今の楽しさだけでなく、将来の楽しさや過ごし方についても考えておくべきですし備えを考えておくべきでもあるでしょう。
互いを大切に思うのであれば、お金の使い方について話し合う勇気も、時には必要なのかもしれません。