• 連載数:全5回
  • 紹介文:見事恋愛関係を築けたけれど、そこでも様々な試練があります。お互いが出来るとても簡単であり忘れがちなこととは?
2015.02.20

希望を叶えること

希望を叶えること遠距離恋愛の可能性については、出会いの際にはあまり想像しないのではないでしょうか。
互いについての情報を交換した際に、職場に転勤の制度があるかどうかを確認したという人はいるかもしれませんが、大抵の場合は、その時点で「転勤なし」の確認が取れれば、安心してしまうものでしょう。
ですが、出会いの際には思いもしなかった「理由」で、遠距離恋愛になってしまうこともあるのです。
そうした時、あなたは相手に対してどういった反応を返すでしょうか。
例えば、留学や長期の研修といった、相手の将来につながる理由から遠距離恋愛になるとしたら、あなたは快く送り出すことができるでしょうか。

短期、長期に関わらず、遠距離恋愛というものは、精神的な負担が大きくなるだけでなく、金銭的な負担も増えることから、それを理由に交際を解消する人も少なくありません。
ですが、せっかくの出会いですし、相手を好ましいと思ったからこそ交際を続けてきた訳ですから、できればこうした障害も二人の力を合わせて乗り越えることが重要なのではないでしょうか。
ですが、上記のような理由の場合には、事前に相談はあってしかるべきだと考える人は多いことでしょう。
それはもちろんですし、そうすることが円満な関係を続けてゆく上でも大切です。

ですから、「では、何故そうしてくれなかったのか」ということを考えてみる必要があるでしょう。
遠距離恋愛によって負担が増えるのは、あなたの側だけでなく相手にも言えることです。
「自分の目的のためなのだからしょうがない」そうあなたは考えるかもしれませんが、あなたの側の負担が心身共に増えることも分かっているからこそ、相手は相談することを躊躇ったとは考えられないでしょうか。
口にはしなくとも、最善の方法は何なのかを、随分と考えのかもしれません。
これだけ関係が親密になったのに相談してくれなかったと、ショックを受けた人もいるかもしれませんが、相手がどういった思いでいたのかを確認しないうちは、あなたの側の気持ちを一方的にぶつけることは控えた方がいいでしょう。
そして、相手の気持ちが分かったなら、あなたがどんな思いでいたのかを落ち着いて丁寧に伝えることが大切です。

こうした事情は、あなたの側にも起こらないとは限りません。
ですから、こうした障害が現れた時には、今以上に互いを理解する努力をすることが大切になってくるのです。
互いにしてくれなかったことを責めるよりも先に、互いが相手へと歩み寄る努力をすることが大切になってくるのです。