• 連載数:全5回
  • 紹介文:見事恋愛関係を築けたけれど、そこでも様々な試練があります。お互いが出来るとても簡単であり忘れがちなこととは?
2015.02.20

わがままを許すこと

わがままを許すこと出会いの場では、大抵の人が、少なからず「ネコ」を被っているのではないでしょうか。
それは、相手からできるだけ好ましいと思われたいからであり、いきなりありのままの自分をすべて開示してしまうのには抵抗があるからでもあるのでしょう。
それは、あなたの側だけに言えることではなく、当然相手も、まだよく知らない相手に自分の全てを晒してしまうことには抵抗があり、ですから、そうした場所ではいわゆる「よそ行きの顔」で接しているはずです。
仕事の際に見せる、「パブリックな顔」とも言えるかもしれません。

ですが、交際が始まり、互いに気心が知れて関係が親密になってくると、互いに相手の様子を窺いながら、ありのままの自分を知ってもらおうという努力を始めます。
何故なら、関係が深まってきたことで、相手に理解してもらえるという安心感が生まれてきたからです。

そうした時期を迎えると、少しずつ、わがままを言い合ったり甘え合ったりするようにもなってくるのですが、そうした時期にこそ、はっきりものを言い合える関係を築いておくことが大切です。
出会いからしばらくは、嫌われたくないという気持ちから、相手の要望であればできるだけ聞き入れたいと考え、それを叶える努力をしてきた人は多いことでしょう。
そうした好意が、ここへきて、わがままを言ってもいいのだと思わせてしまうことがあるのです。

わがままだと相手が理解していながら口にすることであれば、時にはそれを承知で許すことも大切ですが、自分の側の言い分の全てが通るという誤解をされては困るので、度の過ぎたわがままの場合には、できること、できないこと、それをちゃんと伝えることが大切になってきます。
叶える時には、相手のことを大切に思っているからこそ叶え、許すのだということを理解してもらえるよう、言葉を尽くして説明することも大切です。

出会いは、互いを理解したい、思い遣りたい、労わりたいという気持ちを互いに持つところから始まります。
それら失くして、恋愛が育つことはありませんし、良好な関係を築くこともできません。
もちろん、どちらかがどちらかに極端に肩入れしている状態も、恋愛関係と呼ぶことはできません。

互いが相手の気持ちを推し量ったり、時には言葉にしてそれらを確かめあったり、許し合うことが大切であり、この先のより良い関係を築くために必要なことでもあるのです。
ですから、わがままが許される、それがどういう意味なのかを理解し合った上で、口にできる関係が望ましいのです。