• 連載数:全5回
  • 紹介文:見事恋愛関係を築けたけれど、そこでも様々な試練があります。お互いが出来るとても簡単であり忘れがちなこととは?
2015.02.20

意見を譲る

意見を譲る「互いが一番の理解者だ」そう言える恋人が欲しい、そんな思いから出会いを求め、巡り会えた相手と交際に至った場合には、相手を大切にしたいという思いが強く働いたり、他の誰よりも相手を理解したいという気持ちが働いたりするのではないでしょうか。
例え、出会いから間もなくは、あなたの側がより強くそうした思いを抱いていて、相手とは少しバランスが悪い状態だとしても、そうした気持ちはやがて相手へと伝わってゆき、関係が深まるにつれ、「両思い」だと胸を張ることができるバランスの良い関係へと育ってゆくことでしょう。

そうした関係になってくると、出会いの頃とは違い、実際にさまざまなことについて忌憚なく意見の交換ができるようにもなってきますし、相手がどんな風に考えているのかについて察することができるようにもなってきます。
それは、相手をより理解するためにも大切なことですし、将来を考えた場合にも、そうできる間柄であることは望ましいことです。

ですが、そうして言いたいことを互いに言い合えるようになってくると、それが原因のトラブルというものも起こるようになってきます。
それは、相手が理解してくれるという信頼と甘えが互いにあることから起きるものですが、そうした場合には、「言いたいことを言い合っている、けれど言葉が足りていない」という状態になっていることが多いようです。

また、「意見を言い合える間柄である」という気持ちから、自分の側の意見を通そうとして、相手の意見に耳を貸さなかったり、譲ることをしないようになってきてはいないでしょうか。
そうした状態になってしまっているのであれば、せっかく互いを理解し合い、思い遣ったり労わり合ったりする気持ちを育てながらここまできたその過程が、水の泡になっていると言わざるを得ません。
相手の意見を聞き入れることは「負け」ではありませんし、相手に譲ることもまた「負け」ではありません。

それはどちらも、「相手を理解しようという気持ち」なのです。
ですから、何かについて意見を述べようと考えた時には、相手からそれについて意見を聞く心構えを持つことや、より良い意見が出てきた場合にはそちらを優先する、場合によっては意見を譲るつもりで臨むことが大切です。
互いに、相手へと譲る経験をしてみることは、将来にとっても大切なことなので、意見の交換をする際には、どちらもがそうしたことを意識しながら行うことがお勧めです。