• 連載数:全5回
  • 紹介文:見事恋愛関係を築けたけれど、そこでも様々な試練があります。お互いが出来るとても簡単であり忘れがちなこととは?
2015.02.20

仲直りのきっかけ

仲直りのきっかけ出会いから直ぐ、将来のことをあれこれと考え、そのための話し合いを持つという人はあまりいないのではないでしょうか。
いずれそうした間柄になれればいいという、憧れを持つ人は少なくないかもしれませんが、いわゆる「婚活」の場でもない限り、出会いから直ぐに同棲や結婚のための計画を立て始めるという人は少ないことでしょう。

何故なら、そうしたことは互いのことをよく理解した上で考える方が良いと考える人が多いからでもありますし、出会いからしばらくは、その時期独特のテンションを味わいたいからという人も多いことでしょう。
そうした交際初期の楽しさというものは、互いの距離を縮める上でも大切ですし、関係を深めてゆくためにも大切なことです。
そうした時期を経て、人は、互いについての理解を深めるだけでなく、信頼や安心感といったものも育ててゆくものなのです。

関係が親密さをまし互いの距離が縮んでくると、今度は安心感や信頼感が深まった故の問題が出てきます。
相手は自分を理解してくれているという安心感や甘えから、交際初期のような細やかな気配りが減り、言葉が減ることによりすれ違いが起きてしまいがちになるのです。
それは、どちらにも言えることですし、どちらが悪くて起こるというものでもありません。

二人が努力して良好な関係を築いてきたからこそのトラブルという、何とも理不尽なトラブルが、そうした言葉のすれ違いや思い込みによるすれ違いなのです。
ですが、上にも書きましたが、これはどちらかだけが悪いというものではありませんし、どちらもが起こしてしまいかねないトラブルでもあります。
ですから、大きなトラブルに発展しないうちに、仲直りをすることが大切ですし、そのための努力をすることがお勧めです。

仲直りをしたいと思っていても、きっかけを作るのは時にとても勇気が要るものです。
それは、人にはプライドというものがあり、それが邪魔をしたり、「ケンカ両成敗」という言葉があることは知っていても、自分の方が悪い訳ではないという気持ちが働いてしまうからです。
ですが、きっかけを自分の側から与えるということは、思い遣りでもあり相手を大切に思っているということでもあります。

だからこそ、どちらが悪いのか、原因を作ったのかということはひとまず置いておき、「仲直りをしよう」というひと言を伝える勇気を持つことが大切ですし、そうする時には、相手にそうした気持ちからであることを理解してもらうことも大切です。