• 連載数:全5回
  • 紹介文:様々な状況で時間に余裕がなくなった場合、又は交際相手が多忙な場合、すれ違いを防ぐ為には?後悔しない為にも必読。
2015.03.10

思い遣りの心

思い遣りの心出会いから間もなくの頃は、できるだけ会う時間を作りたい、話しがしたいと誰もが思っているのではないでしょうか。
ですが、交際相手が多忙な人の場合、そうそう思い通りには会えない、時間が取れないといった場合もあることでしょう。
そうした人が交際相手であっても、出会いからしばらくの間はテンションがとても高く、またとてもポジティブに物事を考えられることから、「会える時に会おう」といった積極的かつ前向きな考え方をすることができますが、出会いから時間が経ち、そうしたテンションが落ち着いてくるだけでなく、相手のことを理解できてきたことにより、より好きになってからもそうした状態が続くと、人は淋しいといった感情だけでなく、会えないことへの不満も募らせてしまうことがあるので注意が必要です。

そうした負の感情が芽生えそうな時には、初心を思い出すことが大切です。
出会ったばかりの頃は、相手のことを知りたい、より相手に好ましく思ってもらいたいという気持ちが強く、そのため、相手を労わったり気遣ったりする気持ちがいつも働いていたのではないでしょうか。
そうした気持ちは、交際が進んでからもとても大切なものですし、恋愛はそうした気持ちなくしては育たないと言っても過言ではないので、相手のことを考える時には、常に心の中に置いておくべき感情ということができるでしょう。

交際が続いているということは、相手もまた、あなたと同じように会いたいという気持ちや話しをしたいという気持ちは持っているはずなのです。
ですから、実際問題として、時間が取れずもどかしい思いをしているのはあなたの方だけではないということを理解することが大切です。
では、時間がない中でうまくコミュニケーションをとるにはどうしたらいいのでしょうか。

時間がなかなか取れない場合には、SNSやメールを活用することがお勧めです。
連絡を取り合う際に、時間を考慮しなくていい方法を選ぶことが大切であり、それらを利用する際にも、相手の都合を優先して、今直ぐに返事をくれなくても良いといったひと言を添えたり、余裕を持った返信期日を書き添えることが大切です。

メールやSNSであれば、簡単にすぐに返事を返せると考えることはせず、相手も時間を作ろうと努力をしていると考えながら待つことがお勧めですし、心にゆとりを持つよう努力をすることもお勧めです。
今は、交際相手の方が多忙を極め、なかなか連絡が取れない状態であっても、いつ何時、あなたの側にそうした事情ができないとも限らないので、長く交際を続けてゆきたいのであれば、そうした「いつか」を想定し、相手に対して思い遣りを持って接することが大切なのです。