• 連載数:全5回
  • 紹介文:様々な状況で時間に余裕がなくなった場合、又は交際相手が多忙な場合、すれ違いを防ぐ為には?後悔しない為にも必読。
2015.03.10

互いに努力をする

互いに努力をする出会いからしばらくの間は、互いに時間の都合をつけあっては、デートを繰り返したという人は多いのではないでしょうか。
中には、寝る時間を削ったり、仕事のあとの時間もそれらに充ててきたという人もいることでしょう。
出会いからしばらくの間は互いについての情報を交換する大切な時期であり、デートを繰り返すことによって、相手のより好ましい部分を見つけたり、信頼を築いてゆくものなので、そうして時間を作ろうと努力することはとても大切なことですし、自然なことでもあるのです。
そうして、出会いの時以上に互いを好きになってゆくことで、相手を思い遣ったり労わったりする気持ちが生まれ、より親密な関係へと進んでゆくものなのです。

ですが、交際が長くなるにつれ、そうして寸暇を惜しむようにして会わずとも、関係に不安を抱いたりはしなくなってゆきます。
それは、互いへの信頼度が増したせいもありますし、絆が深まったからでもあります。
ですから、そうした時期になったところで、どちらかが仕事の都合で多忙になったとしても、会えないことに不満を持ったり淋しと感じることはあまりないかもしれません。

むしろ、そうしてできた時間を自分磨きのために使ったり、何か新しいことにチャレンジするために使うという人もいるかもしれませんが、そうした時間が長く続いても苦にならないという場合は、世間でいうところの「倦怠期」の可能性もあるので注意が必要です。

「倦怠期」は文字通り、相手と一緒にいることを面倒に感じたり、会いたいと感じなくなったりする時期を指していますが、ともすれば、そうした期間がきっかけで別れが訪れてしまうこともあるので、自分が今どういう状態なのかには常に関心を持っておくことが大切です。
倦怠期の原因が、一緒に居過ぎたことにより距離が急激に縮まったためではなく、「会えないことへの不満」である場合には、自分から会うための努力をすることが大切ですし、相手へと気持ちを伝えることも大切になってきます。

自分がどんな気持ちの状態であるのかや、相手にどうして欲しいのかについて話し合うことも大切ですし、短くても顔を見て話しをすることが大切にもなってきます。
そうした互いの努力があってこそ、恋愛における障害を乗り越えることができ、より親密な関係へと進むこともできるだけでなく、将来への展望も見えてくるのです。

会いたいと思うことも倦怠期も、二人でいるからこそできる経験であることを忘れずに、どちらかが多忙になった場合などは、それぞれが努力してその障害を乗り越えることが大切なのです。