• 連載数:全5回
  • 紹介文:様々な状況で時間に余裕がなくなった場合、又は交際相手が多忙な場合、すれ違いを防ぐ為には?後悔しない為にも必読。
2015.03.10

時間を有効に使う

時間を有効に使う出会いから関係が深まるまでの間は、互いのことをよりしっかり理解しよう、相手に今以上に好きになってもらえるように努力しようという気持ちが強く働くことから、自分の自由になる時間を切り詰めて、デートに充ててきたという人も少なくないのではないでしょうか。

そうした相手を知りたいという気持ちや理解したいという気持ちは、相手を思い遣る気持ちを育ててくれるだけでなく、出会いそのものを大切にしようという気持ちを育ててもくれることから大切なことですし、そうした思いの積み重ねによって恋愛は育ってゆくと言っても過言ではないでしょう。
恋愛は、互いへの思い遣りを糧に育つものなのです。

ですから、出会いから関係が進んでゆく過程で、何か障害が立ちはだかった時にも、大抵の場合は相手を思い遣る気持ちを持つことでそれらを乗り越えることができますし、それを機に関係を更に深めることもできるでしょう。
例えば、交際相手が仕事の都合で多忙になり、なかなか会う時間が取れないといった場合であっても、自分の不満や不安を優先して考えると諍いごとになってしまったりもしますが、相手の身体を気遣ったり、その状況を思い遣る気持ちを持って相手に接すると、相手の中にもまた、あなたに対してそうしたいという思い遣りの気持ちが芽生えるだけでなく、時間の都合をつけようといった努力にも繋がるのでお勧めです。

相手がしてくれないことを嘆くばかりでは、なかなかそうした気持ちは育ちませんし、関係も拗れてしまいがちですが、あなたが先に思い遣りを持って接することで、関係がスムーズになるだけでなく、相手からの信頼や今以上の愛情を得ることができるのですから、そうした場面に遭遇した際は、自分の気持ちよりもまず相手の気持ちを考えられるよう努力してみることがお勧めであり大切なのです。

また、そうしたあなたの努力の結果、相手が時間を割いてくれた場合には、あれもこれもと詰め込むのではなく、あなたにとって一番大切であり、二人でしたかったことに充てることがお勧めです。
それは、あなたの心に潤いをもたらすためだけでなく、あなたがどういった気持ちでいたのかを相手にも伝えてくれることでしょう。
些細なスキンシップを取りたかったのか、顔を見て話がしたかったのか、一緒に食事を楽しみたかったのか、それを素直に伝えることによって、相手もまたあなたのために時間を作る努力を重ねてくれるようになるでしょうし、そうすることが大切だと考えてくれるようにもなることでしょう。