• 連載数:全5回
  • 紹介文:人は転んだら立ち上がるようにできている。立ち直れないなら!!失恋を忘れる5つの方法を伝授いたします。
2015.03.17

失恋の先にあるもの

失恋の先にあるもの喪失感、寂しさ、後悔。
相手への想いが残っているほど、失恋で受けるダメージは大きいでしょう。
別れて日が浅ければ、気持ちの切り替えができなくても仕方がないことです。
心から愛した人をそう簡単に忘れられるはずもありません。
今まで一緒に過ごした時間や2人の思い出、会話や仕草を思い返しては沈んでいく自分の気持ちに、嫌気がさすことだってあるかも知れません。

失恋を経験して、いつもの自分を取り戻すためには、ある程度時間が必要でしょう。
人は転んだら立ち上がるようにできている、と言われるように、ずっと同じ状態ではいられないものです。
最初は、うずくまって悲しみに耐えていても必ず前を向く時がやってきます。
きっかけは、友人かも知れないし、趣味や旅行かも知れない、もしかしたら新しい出会いの場合も考えられます。
別れを受け止め、もう一度立ち上がる自分は、過去の自分ではなく、今の自分を見つめている証拠ではないでしょうか。

傷ついた心や失恋した事実は変わらないけれど、恋人との出会いや恋愛の中で得たものも多いはずです。
人を愛する喜びや、相手を思いやる優しさはかけがえのない経験です。
そして、これまでの自分を振り返って反省したり、よく頑張ったと褒めたりしながら、次の出会いや希望に繋がっていくように、別れもまた自分を成長させてくれるでしょう。
失恋直後は、無気力で悲しみに打ちひしがれる日々を味わうかも知れません。

今まで自分を支えてくれていたものがなくなって、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。
しかし、失恋の先には、まだ見えない出会いや幸せがあるはずです。
そのためには、過去の自分ではない、これからの自分を生きていくことが大切です。

未来に向かって少しずつ歩きだす勇気と、過去を思い出に変えることで、自信を取り戻しましょう。
失恋は、次の幸せの始まりです。
今、どんなに辛い思いをしていても、それを乗り越えて掴む幸せは、今までよりずっと大きいのではないでしょうか。