• 連載数:全5回
  • 紹介文:人は転んだら立ち上がるようにできている。立ち直れないなら!!失恋を忘れる5つの方法を伝授いたします。
2015.03.17

全て失ったわけではない

全て失ったわけではない相手への想いが深ければ深いほど、失恋のダメージは多いでしょう。
恋人と一緒に過ごした時間を思い返したり、今頃何をしているのだろうと気になってしまい、いっそう悲しみが増します。
時には、これで良かったのだと自分に言い聞かせ、また時間が経つと、やり直せるかもしれないと思い直したりして、様々な感情と戦っているのではないでしょうか。
失恋は、誰でも辛くて悲しいものでしょう。

そして、どちらかと言えば振られた方が、より喪失感は大きく感じるかも知れません。
また、交際期間が長い場合や結婚を前提とした付き合いをしていた場合は、立ち直るまでに時間や、努力も必要になりそうです。

失恋というひとつの別れ。
その試練を乗り越えるためには何をしたらいいのでしょうか。
友人に慰めてもらう、仕事に没頭する、趣味を楽しむといったように、なるべく恋愛から自分を遠ざけようとする人や、逆に新しい出会いを求め合コンに参加したり、知人に紹介を頼む人もいるのではないでしょうか。
中には、恋人を失ったショックや悲しみが大きく、失望した毎日を送っている人もいるかも知れません。
恋人が全てと考えていた人にとっては、受け入れたくない事実でしょう。

失恋で失うのは、その恋だけに留めておくのが自分を保つ上では大切です。
確かに失恋はしてしまったけれど、夢や希望も失うわけではありません。
失恋で、自分の全てが否定されたような、取り残されたような錯覚に陥る時期もあるでしょう。
しかし、実際は自分がそう思い込んでいるだけの場合が多いのです。
恋人が去っても日常は繰り返され、仕事をこなし、自分の周りには友人や家族がいる状況は変わらないでしょう。
これまでは恋人を優先して、友人からの誘いを断ったり、趣味を控えめにしていた人は復活させてみませんか。

失ってしまったものではなく、今、自分の周りにあるものや、忘れていたものに気付き、目を向けることが大切ではないでしょうか。
失恋は失うことだけではないはずです。
出会いに感謝し、人を愛することの素晴らしさを教えてくれたでしょう。
その貴重な経験が未来に繋がっていくと考えてみてください。