• 連載数:全5回
  • 紹介文:隣の芝生は青い、そう感じて周囲ばかり気にしすぎていませんか?卑屈にならない事が何よりも大切です。
2015.04.07

他人の幸せ、自分の幸せ

他人の幸せ、自分の幸せ出会いも恋愛も自分の思うようにはいかない。
分かってはいるつもりでも、周りの友達に恋人ができたり、結婚の話題がでるとなんとなく焦ったり、憂鬱な気持ちになることがあります。
話に入っていけないことや、取り残されたように感じる場面は意外と多いのではないでしょうか。

他人の幸せを本当は一緒に喜んであげたいけれど、その余裕や優しさが持てない時は誰にでもあります。
特に、自分の状況や立場があまり良いとは言えない時は、歪んだ考えになりがちです。

自分に何が足りないのか、他人と比べてどこが劣っているのか考えてしまうこともあるでしょう。
そして、なぜ自分だけ出会いや恋愛に恵まれていないのだろうと不満が募る時もあるはずです。

人は誰でも、愛されたいとか必要とされたいという気持ちがあります。
そのために出会いや恋愛を求めるのではないでしょうか。
しかし、その前に自分を見つめ直す必要があります。
「私は美人じゃないから相手にされない」「俺は、背が低いからモテない」と思い込んでいる人もいるでしょう。
しかし、評価は他人が決める場合が多い気がします。
コンプレックスがあっても自信がなくても、他人から見た印象や受け止め方は様々です。

現在、有望な出会いや恋愛対象になる人がいなくても、卑屈になって、自分を追い込んだり責める必要はありません。
それよりも、自分の良いところやチャームポイントを探して、引き立てる工夫や磨く努力をした方が魅力アップに繋がります。

他人と比較して、落ち込むことや不安になることは、生きていく中で何度もあるでしょう。
しかし、失敗しても、後悔しても、どんな自分も受け入れていかなければなりません。
時には自分を許すことや、褒めることも必要です。

自分の居場所や幸せは、人との関わり合いの中にヒントがあるはずです。
恋愛や結婚は、憧れや理想だけで終わるものではなく、手を伸ばせば誰もが届くところにあります。
そのためには、他人の幸せと比べるより、自分が心から感じる幸せを見付けることではないでしょうか。