• 連載数:全5回
  • 紹介文:隣の芝生は青い、そう感じて周囲ばかり気にしすぎていませんか?卑屈にならない事が何よりも大切です。
2015.04.07

過去より未来へ

過去より未来へ失恋を引きずっている人も忘れられない恋がある人もいます。
恋人から振られたり、裏切られて深い傷を負っている人もいるはずです。
前に進むことのできない様々な理由があるでしょう。

出会いや恋愛で受ける影響は、男性も女性も大きいのではないでしょうか。
人を愛することは、幸せや幸福感に繋がるだけではなく、時には怒りや悲しみなども呼び起こす原因になることもあります。

相手に想いが伝わらなかった時や努力が報われない場合、その辛い気持ちを解ってくれない相手にぶつけるのか、自分を責めてしまうのかはそれぞれですが、どんなに愛情を注いでも、歩み寄っても叶わない恋はあるでしょう。
恋愛は2人の気持ちが重なり合わなければ成立しません。
無理に交際を続けても、お互いに平行線のままになってしまう可能性が大きいです。

振られてしまった自分はダメな人間だと思い込んだり、浮気されたのは自分に魅力がないからと自信を失くしてしまう状況に陥る場合があります。
しかし、それを全て自分のせいにしてしまうのは間違いでしょう。
誰もが幸せな交際を望んでいるはずです。

出会いから恋愛へと発展し、2人の距離が近づくにつれ、ズレや溝が発生するのはありふれたことではないでしょうか。
もともと違う人間が歩幅を合わせるのは、お互いに努力が大切です。
そこには、愛情だけでなく、思いやりや優しさなども必要です。

自分を拒否されることへの恐怖感や自分を卑下して考える癖が、恋愛を遠ざけているとしたら、とてももったいないことです。
これまでの恋愛で後悔したこと、負った傷はすべて過去のものです。
変えられないからこそ、次に活かせるのではないでしょうか。
止まっていれば景色はかわらず時間だけが過ぎていきます。

しかし、少しずつでも前を向いて歩いて行けば、過去はどんどん遠ざかり未来が見えてきます。
あの時、報われなかった努力が他の誰かによって叶えられる日が来ることを信じてみませんか。
大切なものを失ったときこそ、別の大切なものに出会えるチャンスがあるはずです。