• 連載数:全5回
  • 紹介文:隣の芝生は青い、そう感じて周囲ばかり気にしすぎていませんか?卑屈にならない事が何よりも大切です。
2015.04.07

出口は見えてくる

出口は見えてくる合コンやパーティ、友人の紹介など様々な出会いの場があります。
好きなタイプや条件を満たす人を探しながら、自分の良さをアピールするには絶好のチャンスでしょう。
そこから恋愛に発展することも多いはずです。

しかし、何度も出会いの機会があるのにも関わらず、なかなか恋愛関係に結びつかない人もいるのではないでしょうか。
周囲が次々と交際を始めていく姿を目にするたびに、焦りや不満となって自信を失くしてしまう場合もあります。
そういう状況は、自分を追い詰め、結果としてあきらめや卑屈な自分へ導いてしまうのでしょう。

出会いや恋愛を避けていても、心のどこかで恋人が欲しいという思いがあるはずです。
隣に誰かいてくれたらなぁ、一緒に出掛けたい、優しい言葉をかけてほしいと想像をしたり、周りのカップルの話題を羨ましく感じたりするかもしれません。

モテない、異性と上手く話せない、コンプレックスがある、恋愛に積極的になれない理由はそれぞれあります。
しかし、それだけが前を向けない理由でしょうか。
出会いや恋愛を手に入れるには、その前に自分を見直す必要があります。

どんなに素敵な出会いがあっても、ネガティブな気持ちや自分を卑下するような感情を持っていると、表情や態度に表れてしまうものです。
外見だけに気を遣うのではなく内面を磨く努力が大切です。
これまでの、自分の行動や考え方を振り返ってみると、このままではいけないという部分が出てくるはずです。

「ダメな自分」と自信を失くしたり、落ち込んだりする状況は誰にでもあります。
しかし、どこかで切り替えしながら出口を探していくのではないでしょうか。
完璧な人間はいないと言われているように、全てがダメな人間もいるはずがありません。

何度も失敗をして転んで悲しんで、それでも前を向いて見つけた幸せは、かけがえのないものです。
そして、過去を振り返ったときに、乗り越えた困難の数は、自信と成長に繋がっているのかも知れません。