• 連載数:全5回
  • 紹介文:あなたのペースがこの恋愛における正しいペースだとは限らない、お互いプライベートな時間を確保しましょう。
2015.05.01

自分の時間を持つ

自分の時間を持つ出会いからしばらくの間は、互いのことを知るのに忙しく、その分プライベートな時間が減るというのは良くある話です。
効率よく相手についての情報を集めるためには、デートを重ねることが有効なことから、仕事上がりの時間や休日をそれに当て、プライベートは後回しにしてしまっていたという人も多いことでしょう。

それは、せっかく出会いの機会を得たのだからという思いからでもあるでしょうし、交際へと進むことができたのだから、より相手に好ましいと思って欲しい、この関係を長続きさせたいという希望や願望からでもあることでしょう。
それはとても自然な感情ですし、交際は、互いがそうした想いを抱くことで進展してゆくものなので、デートのための時間を設けたい、少しでも会う時間が欲しいと考えることもまた自然であり大切なことでもあるのです。

ですが、どれほど交際相手が欲しいと考えていた人であっても、プライベートの時間が極端に減るとストレスを感じるようになります。
それは、人間関係を築いている時間というのは、例え心を許した人が相手であっても少なからず緊張するものですし、自分が率先して行っている気遣いや労りというものもまた、緊張を伴う行為だからです。

ですから、小さなストレスが溜まり、些細なことですれ違いを起こしてしまう前に、ひとりで過ごす時間を設けることは大切ですし、それは交際相手との関係を円滑に保つためでもあり、自分の心身を守るためにも必要なことなのだと自覚することが大切です。

相手と離れて過ごす時間を持ちたいと考えることは「罪」ではありませんし、あなたにそうした時間が必要なように、相手にもまたそうした時間は必要なのですから、プライベートを持つことは互いのためであると言うこともできるのです。

そうしたリフレッシュの時間を設けることは、より関係を円滑にしてくれるだけでなく、会いたいという気持ちを募らせてもくれることからお勧めでもあり、重要なことでもあるのです。