• 連載数:全5回
  • 紹介文:あなたのペースがこの恋愛における正しいペースだとは限らない、お互いプライベートな時間を確保しましょう。
2015.05.01

伝える大切さを知る

伝える大切さを知る出会いからしばらくの間は、相手のことを知りたい、相手にも理解されたいという気持ちが働くことから、苦手なことを伝えられなかったり、相手から提供される情報に疑問やわずかな不満が含まれていても、それを伝えられなかったり考えないようにしてしまう人は意外と多いようです。
それは、相手に嫌われたくないという気持ちが強く働く時期だからなのですが、そうして飲み込んでしまった言葉や気持ちは、ストレスとして少しずつ溜まってゆくので注意が必要です。

何故なら、そうして飲み込んでいるのは必ずしもあなたの方だけとは限りませんし、相手が、そうしたストレスに対する耐性をどれくらい持っているのかも、出会いから間もなくのころはまだ分からないことが多いからです。
時には、せっかく始まった交際が、相手に不快な思いをさせたくないという気持ちや嫌われたくないという気持ちから飲み込んだそれらのせいで、破談になってしまうこともあるのです。

そうして飲み込んでしまう理由の多くは、上記に書いたように相手に不快な思いをさせたくない、嫌われたくないという気持ちからではありますが、どちらかと言えば、自分が嫌われないためであることの方が多いようです。
ですが、それは決して自分のためにはならないのだと、誰もが分かっているのではないでしょうか。

相手のことを好ましく思い、長く交際を続けたいと考えているのであれば、そうしたことを言い合える環境を作ってゆくことも大切であり、それは自分のためだけでなく、相手のためにもなることだと理解できるはずです。

自分が不安に感じたり、不快に思うことは相手もまたそう感じているかもしれないと考え、その解決方法を二人で考えてゆくことは、関係をより深めてもくれますし、交際を続けてゆくためには必要なことでもあるのです。
自分のそうした気持ちと向き合い、自分の心が安寧を得られる方法を考えるということは、自分を大切にすることであり、同時に相手を大切にするということでもあるのです。