• 連載数:全5回
  • 紹介文:まずは食事から!!第一歩が踏み出せても要注意。気になる相手だからこそ、食事場所や時間帯、TPOに。
2015.05.08

誘われた時間帯に気遣いを感じられるか

誘われた時間帯に気遣いを感じられるか色々な活動を通して、気になる人との出会いがあった時、どんな風に関係を維持するか考えますよね。
そんな時、食事に誘われたら嬉しいですね。
ただ、誘われた時間帯に注目してみましょう。
平日、休日で自由になる時間には差があるはずです。
そこをどう抑えて、あなたに都合の悪くないような配慮が感じられるでしょうか。

平日でも、なかなか定時で退社できない方も多いですよね。
そんな時は、食事に行く都合をつけること自体が大変な場合もあります。
そんな時、夜食のような感覚で食事に誘われるのと、落ち着ける時間帯に誘われるのとでは受け取る気持ちが違うと思いませんか。
気になっている相手に、疲れた顔を見せるのも気が引けるはずです。

誘われた時間帯が遅い、または、食事と言いつつお酒がメインになりそうなお誘いの場合、恋愛対象として考えるのは少し気が早いかもしれません。
仕事上の同志や、友達感覚が強いように感じられ、会話の内容も仕事に対する愚痴や遊びの話に終始しそうで、これから恋人関係になりたいという雰囲気に欠けます。

休日なら、夜ではなく昼間のランチでもいいはずなので、会える時間が夜に限られるというのは少し変です。
相手も長く続けたいと思っている出会いなら、ゆっくり会える時間に食事を希望するはずなので、会える時間がほんの数時間、その間に素面でいられる時間が短いとなると、誠実さは感じられません。
恋愛対象として考える相手なら、よく考えてお返事しましょう。