• 連載数:全5回
  • 紹介文:喧嘩するほど仲が良い。気持ちの距離が縮まったからいろんな面を相手に出せる。喧嘩の都度差異を理解し絆を強くしましょう。
2015.05.18

喧嘩のきっかけ

喧嘩のきっかけ喧嘩のきっかけはカップルによって違うと思いますが、気持ちのすれ違いから発展するという点は共通しているのではないでしょうか?気持ちのすれ違いはたいてい思いやりの気持ちが欠けていたり、相手に対して過度に求めすぎていることが原因ですから、できれば喧嘩になる前に相手が不満を持っていないか考えておきたいものです。

出会いから時間がそれほど経っていない頃は相手にもっと好かれたい、嫌な面を見せたくないという気持ちがあるのでちょっとした不満なら我慢できるでしょう。

しかし普段相手がそういった態度を見せなければなかなか気づきにくいですし、たとえ不満を告白されても言い方によっては素直に聞けないこともあります。
そうするとちょっとした口論に発展してしまい、最終的に喧嘩になってしまうのです。

これはどんなに仲が良いカップルでもあり得ることですし、喧嘩をしないカップルのほうがめずらしいですから回避するのは難しいかもしれません。
それでも喧嘩をきっかけに相手のことを思いやれるようになれば、たとえまた喧嘩になっても仲直りできますし絆も深まるでしょう。

要は1回の喧嘩をポジティブに捉えられるかどうかが重要なことで、その後よく話し合いお互いに非を認めあえれば以前よりも相手を愛しく思えるようになるはずです。
もちろん喧嘩によって別れてしまうことも考えられますが、そうならない為の努力をしていけばその後の付き合い方もより良いものとなるのではないでしょうか?