• 連載数:全5回
  • 紹介文:喧嘩するほど仲が良い。気持ちの距離が縮まったからいろんな面を相手に出せる。喧嘩の都度差異を理解し絆を強くしましょう。
2015.05.18

考え方のズレ

考え方のズレカップルの喧嘩について話を聞いてみるとよく相手の考えていることが分からないと言う人がいますが、これはどういう事なのでしょうか?一般的な男女のカップルの場合、出会いのきっかけは様々ですがお互いに惹かれあうものがあって付き合うようになるのでできるだけ相手を理解したいと思っているでしょう。

うまくいくカップルは思いやりを持って接しているからこそ円滑な交際ができているのでしょうし、たとえ喧嘩になっても仲直りするまでにそれほど時間はかかりません。

しかしいい関係を築けている2人でも時として相手の考えていることが分からなくなることがあり、中にはかなり悩む人もいるみたいです。
こういった悩みを解消したい場合、まずは考え方のズレが生じていないかもう一度話し合ってみるのが大切ではないでしょうか? たとえば男性は仕事がうまくいかないとつい頭に血が上りやすくなったり、プライドを傷つけられるとひどく落ち込むことがあります。
一方女性は体の調子によって気分が変わりやすいと言われていて、生理中などはできるだけ出かけたくないという人もいます。

ですから昨日までは仲がよかったのに次の日急に機嫌が悪いことがあったら、まず相手の今の状況を確かめてみるといいかもしれません。
男性なら何かうまくいかないことがあったのか、女性なら体調が優れないのかなどこちらから聞いて確認するとトラブルを回避できる可能性があります。
相手の機嫌が悪いからと言ってすぐに喧嘩腰になるのではなく、何かきっかけがなかったか確かめることからはじめてみるといいでしょう。