• 連載数:全5回
  • 紹介文:喧嘩するほど仲が良い。気持ちの距離が縮まったからいろんな面を相手に出せる。喧嘩の都度差異を理解し絆を強くしましょう。
2015.05.18

喧嘩の後が大事

喧嘩の後が大事喧嘩の後で絆を深められるかどうかはその後の対応が大事だと言われています。
では具体的にどういう対応をすればいいのかと言うと、まず相手の事を思いやる気持ちについて再度考えてみるといいのではないでしょうか?
恋人の不満の原因となる部分をきちんと理解し、相手がどうしてほしいのか考えるだけでも気持ちは伝わってくるはずです。
一般的に出会いから時間が経つと少し気の緩みが生まれますが、その時期にズレが生じると一方が不安に感じることがあります。

出会った頃の態度とあまりにも違えば好きな気持ちが薄れているのではないかと疑ったり、他に好きな人ができたのではと勘違いするケースも少なくありません。
ですから気持ちに余裕が生まれた時こそもう一度相手を思いやり、継続的に付き合えるビジョンを持てるように配慮してあげるといいのではないでしょうか?
また気持ちのすれ違いから喧嘩になっても、この気持ちを持っていれば絆はさらに深まるはずですし喧嘩をする前より相手の事を理解できているはずです。
付き合い方はそれぞれ違って当たり前ですし価値観も一人ひとり持っているものですから、それを相手に押し付けすぎるのではなくほどよいバランスを保っていけばお互いに心地いい関係を築けるでしょう。

せっかくいい出会いに恵まれたのですからいつまでも仲睦まじくいるためにも、不満や不安を溜め込んだりせずよく話し合って相手の気持ちを知る行動を心掛けてみて下さい。