• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚式の二次会は大チャンス。もしも幹事を頼まれたら是非申し出を受けてください。幹事じゃなくてもモチロン恋のチャンスあり。
2015.05.25

幹事を引き受けてみる

写真学生時代のサークルの打ち上げや職場での歓送迎会の幹事を引き受けた経験がある人は多いのではないでしょうか。
普段の飲み会の幹事はお店の手配や、日程の案内から会計を1人か2人でやらなくてはいけなく、楽しむ余裕がない程忙しい思いをするものです。

普段の幹事の仕事を思うと結婚式の二次会の幹事を頼まれても、せっかくの二次会も雑用で終わってしまうのではないかと、煩わしく思うものです。
しかし、結婚式の二次会の幹事は1人で引き受けることは少なく、新郎側から3名で新婦側から3名とどちらからも同じ人数でお願いするケースが多いという話を聞きます。

幹事を引き受けると当日だけではなく、事前に何度か打ち合わせをする必要があり、最初に新郎と新婦と幹事だけでお互いの顔合わせがあります。
2回目からは、サプライズを計画することもあるので、幹事だけで集まるようになります。

初対面同士でありながら、同じ目的に向かって一緒に過ごす、という新しい出会いのかたちになります。
また、コンパでの出会いと違いお互いの連絡先を簡単に交換しあえるのもメリットではないでしょうか。

結婚式の二次会は幸せを盛り上げるお手伝いになるので、集まった人が幸せな気持ちで取り組むので、集まりそのものも楽しいのも素敵なことです。
また、最初に新郎と新婦から紹介してもらっているので、どのような人かという警戒心をもたないで接することができるので、恋が始まる可能性が期待できるのではないでしょうか。