• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚式の二次会は大チャンス。もしも幹事を頼まれたら是非申し出を受けてください。幹事じゃなくてもモチロン恋のチャンスあり。
2015.05.25

ギャップ効果を利用

写真結婚式の二次会の幹事を引き受けた場合、最初は準備のために時間をつくらないといけないので煩わしいと思うかもしれませんが、幸せのお手伝いをするのは案外楽しいものです。

最初に新郎と新婦がお互いの幹事を紹介して顔合わせをするので、例えば新郎の高校の同級生であることや、今仕事は何をしているかなど基本的な情報がわかる出会いになります。
また、新婦側の同級生というメンバーであれば年齢もだいたいお互いに把握できます。

また、自分の友達である新郎と新婦の仲の良い仲間であるという安心感もあって、一緒に集まって2次会の計画を立てるのは楽しい時間になるものです。

サプライズやゲームなどの計画をたてるのも楽しいですが、ビンゴ大会をする場合は景品の買い出しで、一緒に買い物をするのもお互いの距離を縮めることが出来て楽しいものです。

幹事の集まりには、仕事帰りや学校帰りという場合が多くなりますが、休みの日に集まることもあります。
男性側も女性側もビジネススタイルの場合や休日のカジュアルスタイルで集まるようになります。

しかし、結婚式の当日はお互いにフォーマルスタイルで参加するので、普段とのギャップにお互いドキッとするものです。
特に女性はメイクやヘアースタイルもいつもとは違って美容室で完璧に仕上げてくる人が多く、ギャップ効果は絶大です。

恋愛ではギャップ効果を利用するのも成功の秘訣です。
普段とのギャップが期待できるのは幹事の特権ではないでしょうか。