• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚式の二次会は大チャンス。もしも幹事を頼まれたら是非申し出を受けてください。幹事じゃなくてもモチロン恋のチャンスあり。
2015.05.25

結婚願望をうまく利用する

写真友人の結婚式に出席すると、男性でも女性でも人の幸せを目の当たりにして、自分も結婚したいと思う、という話を聞くことがあります。
普段は結婚願望が全くなかった人でも、結婚式に参加すると結婚願望が強くなるようです。

結婚式や披露宴では、座席が指定されていて周囲は学生時代の友達や会社の同僚になるので、新しい出会いに巡りあうことはありませんが、二次会の幹事を引き受けると事前に参列者に知り合いが出来るという特権があります。

幹事や当日の受付を引き受けなくても、二次会に参加すると座席指定はなく自由に周囲の人と話が出来るので初対面の他の参列者と話をすることが出来るものです。

二次会の参加者は、新郎と新婦の知人ということもあり、お互いに不信感をもつことなく話ができるのも魅力です。
事前に幹事の担当者が盛り上がるイベントを準備しているので、楽しく幸せな雰囲気の会になっているので、初対面の異性とも話やすいものです。

また、女性も男性も披露宴や結婚式で結婚願望が強くなっているところでの、異性が出会うので、恋に発展するのも早いのではないでしょうか。
せっかくの出会いの場なので、結婚願望をうまく利用するのも悪いことではありません。
結婚式に参列した幸せのおすそ分けと思えば、新郎と新婦が恋のキューピットになれるので幸せなことです。

結婚式に参加している人は男性も女性も普段とは違うフォーマルなスタイルでお洒落をしているので、特に素敵な出会いに巡りあえるのではないでしょうか。