• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚式の二次会は大チャンス。もしも幹事を頼まれたら是非申し出を受けてください。幹事じゃなくてもモチロン恋のチャンスあり。
2015.05.25

話しかけるきっかけを掴む

写真友人の結婚式に招待されると、学生時代の友達であれば、久しぶりに同級生や恩師に会えることもあり同窓会に参加するような嬉しさもあります。
また、結婚式や披露宴では新郎と新婦の幸せそうな姿を見て、自分も結婚したいと思う人が多いという話を聞くことがあります。

久しぶりに会う友達と盛り上がるのも楽しみ方ですが、同性の友達とワイワイ盛り上がるだけでは新しい出会いに巡りあえません。
事前に幹事を引き受けていれば、準備を通して新郎側と新婦側の参加者が知り合いになり恋のチャンスも期待できますが、仲間内だけで固まっていたらチャンスを逃してしまいます。

披露宴でなんとなく気になる異性がいれば、話しかけるきっかけを掴むことが大切です。
結婚式に招待されている人ということでお互いに警戒心がないことも、初対面の異性にも話しかけるチャンスです。

いきなり連絡先を聞くのではなく「この後二次会に参加されますか?」「二次会の会場はどこでしたか?」など差障りのないことを切り出すのが成功の秘訣です。
1度話しかけるきっかけを掴んでいれば、次に二次会の会場でまた会った時に話やすいものです。

披露宴や結婚式と違って二次会は厳粛なムードもなく、楽しく盛り上がる会なので、結婚相手を探そうとギラギラしなくても初対面の異性とも一緒に楽しみたいというモチベーションでも楽しいものです。
その場で連絡先の交換が出来なくても、新郎と新婦を通して連絡が取れるのも魅力ではないでしょうか。