• 連載数:全5回
  • 紹介文:愛嬌のある人はどんな場所でも大人気。愛嬌のある人との付き合い方や、自分も愛嬌のある人間になりたい場合は?
2015.06.08

空気が読めてこそ

空気が読めてこそ出会いの機会を得た時に、「愛嬌のある可愛らしい人と出会いたい、交際したい」と考える男性は意外と多いのではないでしょうか。
「愛嬌がある」の本来の意味は、にこやかで明るく、可愛らしい、ユーモアのセンスがあるなどというものですが、近頃は間違った意味合いで「愛嬌」を理解している人も多く、それがせっかくの機会を台無しにしてしまったというケースもあるので注意が必要です。

「愛嬌がある人」というのは、究極的な表現をしてしまえば「空気を読むことにとても長けている人」ということです。
もちろん、笑顔を絶やさない、明るく振る舞える、聞き上手であるなど、人によって抱くイメージはさまざまでしょうが、例としてあげたいくつかも、突き詰めれば「空気を読むことができる」ということではないでしょうか。

その場を遣り過ごすための愛想笑いを浮かべたり、都合の悪いことに対して天然を装ったり、果ては、聞いてもいないのに相手の話しに適当な相槌を打ったりというのは、どれも、相手のことをきちんと理解していなかったり、場の空気を読むことができない人が取る行動であり、「愛嬌」の対極にあるものです。

ですが、一部のメディアなどは、「媚びることが上手」なことや「愛想笑いが上手」なことを指し、「空気が読める」と表現してみたり、世渡り上手と愛嬌をイコールで結びつけた表現をしていたりするので、そうしたものに惑わされず、相手の本質をしっかり見て、本当の意味での「愛嬌のある人」を見つけることがポイントです。

愛嬌のある人というのは、「自分の都合に合わせてくれる人」ではなく、「あなたを思い遣った行動を取ってくれる人」であり、「場の空気を敏感に読み取ってくれる人」を指すのです。

もちろん、そうした人であることを見抜くためには、あなたの側も真摯な姿勢で臨む必要がありますし、誤魔化すような態度を取ることは禁物です。
愛嬌のある恋人が欲しい場合には、あなたの側も気を引き締めてかかる必要があるということです。