• 連載数:全5回
  • 紹介文:近頃は早婚と晩婚の二極化が進んでいますが、早婚に分類される学生結婚を行った場合、円満に過ごす秘訣とは?
2015.06.22

認めてもらう努力

写真ある日突然、「学生結婚をしたい」と告げたなら、あなたの家族だけでなく、相手の家族も随分と驚くことでしょう。
なぜなら、真っ先に思い浮かぶのは、「学業はどうするつもりなのか」という疑問だからであり、「どうやって生活してゆくつもりなのか」という心配だからです。
もちろん、そうした疑問や心配に答えられるだけの考えを持ってから家族には話すべきですし、どういった希望を持っているのかについてもしっかり話せるようまとめておく必要があるでしょう。

出会いがある日突然訪れるように、「この人と一緒になろう」という考えもまたある日突然心に浮かぶものです。
もちろん、出会いの機会とは違い、「結婚しよう」という考えに至るにはさまざまな事柄の積み重ねがあってのことなのですが、短期間で強い恋愛感情を募らせてしまった場合には、積み重ねたものは確かにあり、それを実感してもいるのですが、あまりにそれが短期間なため、ある日突然、そうした感情が降って湧いたような気がするようです。

人は結婚を意識しはじめたところで、「家族にも紹介しておかなければ」と考えることが多く、また、交際を始めてから間もなくや、結婚についてあまり考えてはいない時期には交際相手を紹介しておこうという考えを持つ人も少ないことから、学生結婚を希望していることを聞かされた場合、家族はとても驚くでしょうし、同時に、理解を得るには相当の努力が必要となることでしょう。

本分である学業を疎かにするつもりはないことを説明するのはもちろんのこと、どのように家計を立てるのかや、どういった考えを持っているのかについて、互いの家族にしっかり説明し、理解してもらうことが大切ですし、そのために必要だと考えている家族からの支えについてもきちんと話し合う機会を設けるべきでしょう。
結婚は、当人たちの気持ちが重要ではありますが、必ずや家族や友人の手を必要とする時はくるものなので、学生であるならばなおさら丁寧に気持ちを伝え、理解してもらうことが大切になってくるのです。