• 連載数:全5回
  • 紹介文:近頃は早婚と晩婚の二極化が進んでいますが、早婚に分類される学生結婚を行った場合、円満に過ごす秘訣とは?
2015.06.22

家族との話し合い

写真結婚を考えている場合、多くのカップルは家族に恋人を紹介したり、どういった式や披露宴を挙げたいと考えているのかについての説明を行うのではないでしょうか。
互いの家族への挨拶はもちろん、結納についてや、ケースによっては仲人を誰にお願いするのか、式の規模やそれにかかる費用を誰がどれくらいどのように分担するのかについても話し合っておく必要があることでしょう。

何らかの機会を得て出会い、交際を決めたのが当人同士の意思であったとしても、「結婚」を二人だけの意思で決めてしまうのは、後々のことを考えると問題があるかもしれません。
それは、恋愛とは違い、結婚は社会の中での最小単位を作る行為であり、必ずや家族や友人、職場を含む「社会」と関わりを持たずに過ごすことが不可能になってくるからです。

極端なことを言えば、出会いも交際も、家族や友人にとっては何の影響もありませんが、結婚となると両家に新たな親族ができるということであり、会社の人たちにとっても、深くはなくとも、交流の機会ができるということなのです。
ですから、結婚を決める場合には、「承諾」を得られるか得られないかはともかく、「報告」の必要は出てきますし、まして、それが学生結婚の場合であればなおさらです。

両方が社会人のケースであれば、「承諾」を得る必要がない場合もありますが、学生の場合には未成年である場合もあり、更には収入がないケースがほとんどなことから、「承諾」と「報告」の両方が必要なだけでなく、生活の基盤をどうやって築くのかや、どういった生活を送るつもりなのかについて説明をするだけでなく、理解してもらう必要があります。

ですから、「学生結婚をします」ではなく、「したいと思っています」という報告から始めることが大切であり、両家が一緒でなくても構わないので、家族としっかり話し合う機会を設けることが大切なのです。
家族からの理解を得ること、これが学生結婚においては重要なことであり、二人が安心して暮らしてゆくためにも必要なことなのです。