• 連載数:全5回
  • 紹介文:彼氏と喧嘩したときに、男心は男性に聞くのが賢明でも最新の配慮と注意を行わなければ各方面に影響します。
2015.06.29

恋人への配慮

恋人への配慮ある程度交際期間が長くなってくると、両者間では解決できない問題に突き当たることがあります。
出会いから間もない頃には、不安や障害が立ちはだかる度に、それらを互いへと問うことや、その解決方法を一緒に考えることができていたという人は多いことでしょう。
ですが、時間が経つと、なかなか本人には聞くことができない、それをきっかけに関係が拗れてしまったらどうしようという考えから、なかなか言葉にできない不安というものが出てくるものなのです。

出会いから間もない頃は、この関係性を損ないたくない、相手を失いたくないという気持ちが強く働き、そこから「解決しなければ」という気持ちになることができたのですが、長く交際を続けていると、反対に、今更そんなことを聞いては相手の気分を害するのではないかという考えや、そんなことを考えていたのかと怒られるのではないかという気持ちの方が先に立ち、今の状態を壊したくないという気持ちが強く働き、できるだけ穏やかに、何もない状態で過ごしたいと考えるようになるようです。

ですから、そうした問題に直面した時には、恋人以外の異性へと相談を持ちかけるという人も多いようです。
同性では、自分の心理を理解してもらうことはできても、異性の考え方にはなかなか及ばないことから、異性に、どういう心理状態になるのかや、どういった話の持ちかけ方をすれば気分を害さずにいてくれるのかについて相談する人は多く、特に女性は、心細さからか、異性の友人や同僚へと相談するケースが多いようです。

そうした、相手を慮る方法を取り素早く解決することも大切ですが、恋人以外の男性に相談する時には、まず、恋人への配慮が必要です。
異性へ相談する方法が一番いいのか、それとも、恋人へと直に不安や質問をぶつけてみる勇気が必要なのかをまずしっかりと考え、異性へと相談する場合には、できるだけ人の多い、何らかの場合に恋人から誤解を招かない環境で相談することがお勧めです。