• 連載数:全5回
  • 紹介文:彼氏と喧嘩したときに、男心は男性に聞くのが賢明でも最新の配慮と注意を行わなければ各方面に影響します。
2015.06.29

ラインをしっかり引く

ラインをしっかり引く交際について、また交際相手についての相談を男性に持ちかける際には、その男性は、次の恋人候補ではないということを自覚することが大切です。
また、相談相手である男性に交際相手がいる場合には、相手に不快な思いをさせない、誤解を与えないという配慮をすることも大切です。

出会いから時間が経てば、互いの関係も深まり、遠慮がなくなってくる分ケンカをしたり不満を漏らしたりすることもあることでしょう。
ですが、それは「嫌いになった」ということではありませんし、むしろ好きだからこそ、絆が深まっているからこそ、わがままを言いあったり、ケンカをしたりもできるのだと捉えた方が良いでしょう。
出会いの頃に抱えていた、「嫌われるかもしれない」という恐れが薄くなり、ケンカになったとしても解決できる、二人で乗り越えることができると信用されていると思うことが正しいのです。

ですが、だからといってケンカになった場合や不安に駆られた場合、「何があっても大丈夫」と開き直ることができるほど、人は強くはできていません。
特に、女性の場合は想像力も逞しいことから、ポジティブな場合もネガティブな場合も、どんどんその気持ちを膨らませてしまう傾向にあり、ケンカをした場合などはもれなくネガティブな方向へ膨らませてしまうものなのです。

ですから、恋人の気持ちを理解しようとして、男性に相談してしまうのはある意味正しいのですが、自分の不安だけで手一杯になってしまい、相手の環境や、その交際相手への気配りができない状態になってしまいがちなので注意が必要です。

相談にのってくれる男性が優しかったとしても、それはあなたが不安を抱いているからであって、あなたに対する好意を抱いているという訳ではありませんし、相談相手の恋人も、自分の恋人が頼りにされることをみんながみんな快く思っているかどうは分かりませんし、そうでない可能性も心に留めておくことが大切です。
相談相手の男性は、友人や同僚かもしれませんが、「異性として見るべき相手ではない」というライン引きを心の中でしっかり行っておくことが、相談時の秘訣なのです。