• 連載数:全5回
  • 紹介文:彼氏と喧嘩したときに、男心は男性に聞くのが賢明でも最新の配慮と注意を行わなければ各方面に影響します。
2015.06.29

相手の恋人に心配をかけない

相手の恋人に心配をかけない恋人との間に何か問題が起こった時、そしてその問題が二人だけでは解決できそうもないと感じた時には、速やかに相談することが大切です。
相談相手を選ぶ場合には、二人の関係をよく理解してくれている人を選ぶのが望ましいですが、適任者が思い浮かばない、なかなか時間が合わなくて相談ができないなどという場合には、同僚や友達の彼氏に相談にのってもらうという方法もあるでしょう。

出会いからの経緯を知っている人の方が、二人の性格も把握していることから頼りにはなりますが、そうでない場合でも、「彼氏側の考えや意見の参考にしたい」のであれば、恋人を持つ男性に相談するのも手ではないでしょうか。
恋人に対する考え方を聞くこともできますし、男性の側の意見を聞くこともできるからです。

出会いから間もない頃にはあまりケンカなどすることがなかった、それどころか、これが初めての大きなケンカだという人の場合、どう対処していいのか悩むことも多いでしょうし、できるだけ早くその状態を解消したいと考えてもいるでしょうから、意見を述べてくれる人やアドバイスをくれる人が欲しいと考えるのは当然ですし、異性を相談相手に選ぶのも賢明な方法でしょう。

ですが、自分の不安を取り除くことにばかり懸命になり、相談相手のプライベートな時間を取り過ぎてしまわないよう注意することが大切です。
特に、恋人がいる相談相手の場合、二人のための時間をもらっているのだということを心に留め、早く解決できるよう努力をすることや、真摯に相手からのアドバイスを受け入れ、恋人との関係修復に努めることが大切です。

あくまでも、愚痴を聞いてもらうためではなく、関係修復が目的であり、そのために時間をもらうのですから、相手の恋人に心配をかけたり不安を募らせたりしないよう配慮することが重要ですし、問題が解決した際には、相談相手の男性にばかりでなく、恋人に対する感謝を伝えるなどの配慮をすることもお勧めです。