• 連載数:全5回
  • 紹介文:もし単身赴任が決まったらどうしますか?精神面や金銭面、パートナーとの距離など色々考えなければなりません。
2015.07.06

遠いからこその気遣い

写真遠距離恋愛を経験したことがあるという人は意外と多いことと思いますが、そうした経験をした人であれば、結婚後の単身赴任がどれほど大変なものかも理解できるのではないでしょうか。
それぞれのお財布事情に合わせて、それぞれがやり繰りすることで行き来を決められる交際時期とは違い、結婚してからになると家財道具だけでなく、そうした交通費も同一の家計から出費しなければならないことから、大きな打撃だということができるでしょう。

出会いの時に、「転勤がある」と知っていたとしても、いずれ我が身に降りかかると自覚して交際を始めた人は少なく、多くのカップルが、出会いの時点ではそうした心構えも備えも考えてはいなかったことでしょう。
もちろん、交際から結婚へと進んだことで、覚悟の度合いは変わってきていたでしょうが、それでも、他に備えるべきケースは多々あり、訪れるかどうかあいまいな「転勤」のために、別会計で貯蓄していたという家庭は少ないのではないでしょうか。

ですが、他県や海外に支店がある場合、そしてそうした事情を就職の際に説明されていた場合には、「なぜ」と思うことは許されません。
子供がまだいないなど、転勤という形で家族ごと移動できる場合は別ですが、共働きなどの場合にはすぐさま一緒に引っ越すことはできないことから、単身赴任になるケースが多く、そうした場合に大切なのは、互いの生活が見えない状況だからこそ、想像し、思い遣ることではないでしょうか。

通信アプリなどを利用して連絡を取る場合でも、返事を即求めるのではなく、既読がつくことでまず安心を得るに留めるなど、今までとは生活状況も精神的な状況も変わっているだろうことを考慮することです。

自分の側だけの安心を優先させないことが大切であり、時には、精神的に大きな負担を強いられている単身赴任をしている側の事情を優先し、連絡の取り方を変えたり、自分の側の大変さを相手へと悟らせない努力をすることも必要でしょう。
遠距離恋愛同様、離れている時には思い遣ることが何よりも重要なのです。