• 連載数:全5回
  • 紹介文:もし単身赴任が決まったらどうしますか?精神面や金銭面、パートナーとの距離など色々考えなければなりません。
2015.07.06

有給休暇の活用

写真ある日突然、「転勤」を言い渡された場合、多くの家庭では動揺が走るのではないでしょうか。
近頃は共働きの家庭が多く、転勤を言い渡されたからといって、直ぐさまそうできる訳ではないからです。
むしろ、家庭の事情によって、転勤ではなく「単身赴任」を余儀なくされるケースの方が多いのではないでしょうか。
出会いの場で情報交換をした際に、どちらかに転勤の可能性があるということを知っていたとしても、いざ当事者になると動揺はするものですし、そのための出費だけでなく、これからどうやって二重になる生活を送るべきか悩む家庭も多いことでしょう。

単身赴任でまず問題になるのが、どれくらいの期間、どれくらいの距離のところへ転勤しなければならなくなるのかということでしょう。
転勤族であることを承知していて、出会いから間もない頃に遠距離恋愛を経験していたカップルは別ですが、これが初めての転勤だという場合には、何もかもが初めてのことで、不安は増すばかりでしょう。
家庭によっては、貯蓄を崩して経費に充てるケースもあり、いろいろな意味で生活が不安定になるのではないかと考え悩むことにもなるでしょう。

さらに、「ひとりで過ごすことに感じる不安」というものも出てくるのではないでしょうか。
何ごとかを相談するにも、互いの生活パターンが変わることでなかなかそうした機会を得られない状況になるのではないかといった不安や、単純にひとりで暮らすことが淋しい、心細いという人もいることでしょう。

どちらにしろ、それは互いの努力によって補ってゆくしかありません。
転勤先がどれほど離れているかにもよりますが、週末や有給休暇を利用して、顔を見て話す機会を設けることも大切ですし、会社によっては家族が会いにゆくための補助や、そのための休暇枠を設けているところもあるので、転勤の際にはそうしたことを会社側に確認してみることもお勧めです。
今まではなかなか有給休暇の申請ができなかったという人は、当然の権利なのですから、家庭を安定させるためにも有効に使いましょう。