• 連載数:全5回
  • 紹介文:もし単身赴任が決まったらどうしますか?精神面や金銭面、パートナーとの距離など色々考えなければなりません。
2015.07.06

節約の方法

写真出会いから間もなくに遠距離恋愛をすることになってしまったカップルや、家庭を持ってから単身赴任をすることになってしまった人がまず考えるのは、生活費や交通費をどうしようかということではないでしょうか。
もちろん、一緒にいる時間が少なくなることへの不安もあるでしょうが、まず思い浮かぶのは、金銭的な事情なのではないでしょうか。

交際期間中で、まだそれぞれの財布でやり繰りをしている場合には、自由になるお金というものもそこそこあることでしょうが、家庭を構えてからは、互いの将来に対する責任も生まれることから、自由になるお金は当然のように少なくなりますし、そうして蓄えを作ることはとても重要なことでもあります。

ですから、かまどが二つに分かれることで、生活費や交通費がかさむことは大きな打撃ですし、それらをいかにして抑えるかは課題でもあります。
もちろん、将来を考えている交際中のカップルの場合も、節約は考えるべき事柄のひとつと言うことができるでしょう。

出会いから交際へと進んだところで、遠距離恋愛を経験したことがあるというカップルの場合は既に利用したことがあるかもしれませんが、世の中にはさまざまな「お得きっぷ」が存在しています。

使用期間を限定することで値段が安くなるものや、回数券という形で一気に購入することでお得になるもの、また、一定期間中に複数回利用した人に限って利用できるサービスなど、その形は提供している交通機関によってさまざまですが、探してみると意外と多いので、単身赴任先を訪れる際には、まずそうしたきっぷの確認から始めることがお勧めです。

また、転勤がある会社の場合、家族のためのサービスを用意しているところもありますし、海外転勤がある会社の場合には、「婚約者」もサービスの対象になることもあるので、事前に確認を取ることがお勧めですし、利用できるものは目いっぱい活用することが大切です。
そうした節約は、いずれ何らかの形で実を結ぶので、「節約しなければ」と思い詰めずに行いましょう。