• 連載数:全5回
  • 紹介文:もし単身赴任が決まったらどうしますか?精神面や金銭面、パートナーとの距離など色々考えなければなりません。
2015.07.06

淋しさの解消法

写真交際期間を経て結婚へと進んだカップルの場合、一緒に住むことになったからというだけでなく、互いへの信頼が深まったことから、「淋しさ」を感じるということはあまりないのではないでしょうか。
出会いからしばらくの間は、デートの直後であっても淋しいと感じたり、会いたいと感じたりした人は多かったでしょうが、交際が長くなり、結婚へと辿り着く頃には、互いへの信頼感や絆が深まったことにより、そうしたことを意識しなくなったという人の方が多くなっていることでしょう。

それだけ、出会いから間もない頃は心がまだ不安定だということができるのですが、家庭を持ったからといって、そうした心持ちになることが全くない訳ではありません。
特に、結婚後に初めて転勤を言い渡され、なにがしかの事情から単身赴任を余儀なくされた場合には、にひとり暮らしになることへの淋しさだけでなく、生活面でのさまざまな不安も抱くことになったという人は多いことでしょう。

頼りたいと思った時に相手が傍にいないというのは、淋しいだけでなくとても心細く感じることでしょう。
ですが、そうした気持ちを抱く度にそれをそのまま互いへと伝えていては、相手に不安を抱かせるだけでなく、本来は持つべきではない、持つ理由がない罪悪感を抱かせてしまったりもすることから注意が必要です。
では、そうした淋しさはどう解消するべきなのでしょうか。

まずは、「自分だけが持っている感情ではない」ことを理解することが大切です。
口にするかどうかはともかく、片方だけが抱いている感情ではなく、相手もまたそうした気持ちを抱いているのみならず、あなたに心配をかけないよう、負担を減らすことができるよう頑張っているのだということを考えてみるようにしましょう。

つまり、互いに、相手に対する思い遣りを持つことが重要なのです。
また、「会えなくて淋しい」ではなく、「どうすれば会う機会を設けられるか」へと目を向け、そうした話題作りをすることも大切です。