• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの良好な関係を続けてゆきたいと考えているのであればお互いのペースで会いましょう。
2015.07.13

社会人の責任と恋愛

社会人の責任と恋愛交際を始めた直後は、感情が生み出すベクトルのほぼすべてが交際相手へと向かってしまうことから、何をしていても、相手への好感度に繋げたり、相手の立場になって思索にふけってしまったりすることが多いのではないでしょうか。
「こうして欲しいはずだ」「これは嫌がるかもしれない」など、日頃何気なく行っている生活習慣についても、自分と相手とを置き換えて、その心情を量ろうと考える人は少なくないことでしょう。

出会いは、人をとてもポジティブにしてくれます。
そして、そうしたことをしてみよう、相手の立場になって考えようとすることもまた、そのポジティブさが元になっているのです。
出会いの機会は人生の中では何度かあるでしょうが、そのすべてにおいて好ましいと感じる相手と出会えるとは限らず、だからこそ、交際まで発展した時には相手をより理解したい、この関係をできるだけ長く継続したいと考え、そのために必要な行動を積極的にとろうとするのです。

ですが、双方が社会人の場合には、いつまでもお互いしか目に入らない状態で過ごす訳にはゆきません。
なぜなら、仕事やその他の人間関係を優先させなければ、社会的な信用を落とすことに繋がる場合もあるからです。
ですから、時には自分の「会いたい」「話をしたい」という衝動を堪えて、相手の立場を慮る必要も出てきます。
それは、とても辛いことかもしれませんが、相手のためを考えて行った行動は、必ず二人の絆を深めてくれるので、決してあなたの側にばかりデメリットが生ずる訳ではありません。

相手もまた、あなたの社会人としての生活を考え、あなたのペースを理解しようとしているはずなので、あなたの方もまた、相手のために考え行動することが大切なのです。
「会いたい」という気持ちは、恋愛においてとても大切ですし、その気持ちこそが二人の距離を縮め、互いへの理解を促してくれると言っても過言ではありません。
そのためにも、他の懸案事項を片付け、互いのことだけをしっかり考えられる状態で会うことが望ましいのです。