• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの良好な関係を続けてゆきたいと考えているのであればお互いのペースで会いましょう。
2015.07.13

プライベートの重要性

プライベートの重要性恋人といることはとても楽しく、自らの生活時間を削ってでもできるだけ一緒にいたいと考えることは、出会いから間もない時期には良くあることです。
睡眠時間やプライベートの時間を少なくしてでも、デートや会話を楽しむ時間に当てたいと考えるのは、それだけ相手のことを好ましいと感じているからであり、相手にもより好印象を抱いて欲しいと考えるからでもあります。

ですが、そうした出会いから間もない時間をいくらか過ぎると、人はひとりでゆっくり過ごす時間が欲しいとも考えるようになってきます。
例えば、どれだけゲームが楽しくても、どれだけ美味しいビュッフェバイキングに参加していても、延々とし続けていると目や頭が疲れるように、そして、美味しいと思いながら食べられなくなるように、どれだけ恋人のことが好きでも、一緒にいて疲れてしまうこともあるのです。
それは、決して相手に飽きたということではなく、好きだからこそ、嫌われたくないからこそ話題を考え、何かしなければと考えてしまうことで、他の人たちと過ごすよりも脳が疲れてしまうからなのです。

その、脳の疲れを「飽きた」とか「一緒にいると疲れる」と誤解してしまわないうちに、少しだけ離れて過ごす時間を設けることが大切です。
そうした疲れを感じるまでの時間は互いに違うことから、相手が会いたいと思っても、あなたの方がひとりでゆっくりしたいと考える時期に当たっていることもあるでしょうし、その逆もあることでしょう。
重要なのは、互いにそうした時期や時間があるということを理解していることであり、そう思うのは、決して互いに大して悪い感情を抱いているからではないということを理解していることです。

人には、それぞれの生活ペースがあります。
それが長い時間乱されると、人の心は不安定になるものなのです。
その不安定さが原因で、人間関係が壊れてしまうことは良くあることなので、恋人との関係が大切であれば、自分のペースを保つ努力をすることが大切なのです。