• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの良好な関係を続けてゆきたいと考えているのであればお互いのペースで会いましょう。
2015.07.13

長く良好な関係の維持

長く良好な関係の維持どれほど好きな相手であっても、あまりにも長い時間一緒にいると息抜きの時間が欲しくなるものですし、出会いから間もない頃は、まだ心に耐性がないことから、一緒に過ごす時間が長いことで見えてしまう部分を苦痛に感じ、反対に遠ざけたりする要因にもなりかねないので、ほど良い距離を持って交際を進めることが大切です。

好きだから知りたい、好きだからこそ知ってもらいたいと、出会いから間もなくの頃は気が急き、二人で過ごすための時間をできるだけ多く作ろうと考える人は多いようですが、心や頭のキャパシティは、恋を始めたからといって増えるものではありませんし、「あばたもえくぼ」などという言葉もありますが、好きな人の行動や態度であれば、どんなことでも受け入れられる、許容できるというほど人の心は強くもありません。

ですから、気持ちがどれほどはやっても、急激に距離を縮めることは得策ではありませんし、むしろ、恋愛はスローペースで進める方が、より良い関係性を築くためには向いているということができるかもしれません。
そして、長く良好な関係を続けたいと考えている相手との交際において大切なのは、ある程度、自分のペースを維持するということです。
これは、上記であげた「スローペースで進める」という部分とも重なるのですが、相手の希望を叶えたいと考え、自分の予定を崩したり、生活習慣を蔑ろにしてしまわないということを指します。

時には、互いに、自分の予定を相手に譲ることも必要でしょうが、そればかりを必死に行うことは、心が疲弊してしまい、良い恋愛関係を築くことが難しくなってしまうので注意が必要です。
ですから、お互いの予定をまず優先し、譲り合えるのか、動かせないのかをしっかり確認してから会うことや、自分の予定をしっかり相手へと伝えることが大事なのです。
そして、相手のそうした事情を、自分の気持ちに合わせようとしないことが、長く良好な関係を維持するためにはとても大切なのだということを覚えておいてください。