• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの良好な関係を続けてゆきたいと考えているのであればお互いのペースで会いましょう。
2015.07.13

譲り合う気持ち

譲り合う気持ち恋愛関係というものは、相手をどれだけ気遣うことができるかによって、関係性の深まり方が変わってくるものです。
出会いから間もない頃は、交際を上手く進めたいという気持ちや、相手に嫌われたくないという気持ちが強く働くことから、相手の言動に対してとても敏感になり、そこから相手の考え方や希望を汲もうと懸命になり、それが思い遣る気持ちや労る気持ちを育ててくれます。

ですから、出会いからしばらくの間は、殊更に「気遣う」ことを意識せずとも関係は深まってゆくものなのですが、時間が経つにつれ互いへの理解が深まり、そうすると甘えが生まれてきて、互いへの気遣いが疎かになる傾向があるので注意が必要です。
そうした甘えは誤解や苛立ちを生じさせやすく、せっかく築いた関係を台無しにしてしまうこともあるので、関係が進んだ時こそ、相手に対する気遣いの心を持つことが重要なのです。

例えば、相手がストレスを溜めている時などは、ひとりにしてくれることを望んでいるのか、一緒にストレス発散をしてくれることを望んでいるのかを察することが大切ですし、相手の意向を聞き、それを取り入れた対応をすることも重要です。
また、人にはそれぞれの生活パターンがあり、プライベートがあるので、交際期間が長くなってきた場合には、互いのプライベートやペースを尊重した交際を進めることが重要ですし、それが長く良好な関係を続けるコツにもなると覚えておいた方がいいでしょう。

互いに大して何かを譲るということは、気遣う気持ちに通じるところがあるので、相手が何を望んでいるのか、どうして欲しいと考えているのかについて考えたり話し合ったりすることは、年数を経たカップルにとってはとても大切なことですし、次のステップへと関係を進めるためにも重要なのです。
デートの際にも、自分の側の都合で誘うのではなく、相手の都合をまず尋ねる、そんな習慣をつけることが良好な関係を築く上ではとても重要です。